山中 千尋 / リーニング・フォワード

4.5

LEANING FORWARD-1 自称“独身貴族”の管理人ですから「お見合い」などしたこともなければ,金輪際することもないでしょう。ただし夢の世界,空想の世界,バーチャルの世界では「お見合いし放題」です。
 だってTVをつければ,次々とかわいい女の子が登場して来るではありませんかっ。まっ,永遠に“一方通行”ですけどね。

 でも正確にはTV「お見合い」など「お見合い」などではない。やはり「お見合い」なるもの“写真でしか見たことのない人と”会食するものであろう。そう。静止画から動画へのドキドキ感! 写真の彼女が動いている! ( この後も管理人の妄想話は延々続くのでありますが,今回はここまで…。お・し・ま・い )

 さて,山中千尋である。写真で見る山中千尋は“キレカワ系”。あっ,管理人が山中千尋を好きなのは“あくまでも”音楽性。容姿は二の次です。
 本命はジャズライター島田奈央子さんですから…。ねっ,クマクレアさん!?(内輪ネタです)

 でもやっぱり山中千尋も気になる。それで「お見合い」してみました。静止画から動画の「DVDお見合い」です。
 そう。『LEANING FORWARD』(以下『リーニング・フォワード』)で,初めて“動く”山中千尋嬢を拝見したのです。

 LIVE評でよくある“生で見てガッカリ”という反応。残念ながら管理人の『リーニング・フォワード』評も“その口”です。
 きっと“お嬢様でお人形”を勝手に期待しすぎた反動なのでしょう。それともあの超一流のピアノの音に“超絶技巧”を期待してしまったのかもしれません。

 NO! 犯人は上原ひろみ嬢かもしれません。山中千尋と「お見合い」する前に,上原ひろみの,あの圧倒的パフォーマンスを見せられてしまったから…。
 そう。山中千尋はちっとも悪くありません。いつでもニコニコ。笑顔でピアノを弾いています。

 澤野工房DVDはこの一枚しか所有していないので,澤野工房DVDが全て『リーニング・フォワード』と同じ作りかは不明ですが,ハッキリ言ってこの映像は新しい! クレーンが飛び交い「上下左右&前後」+レール上をカメラが駆け抜け「クローズ・アップ」! 文字通り,山中千尋を“激写”しまくっています。

 そしてここが『リーニング・フォワード』最大の“売り”であろう,大きなガラス越しに映される“大阪の町並み”と山中千尋ピアノとのコラボレーション!
 LIVEが進むにつれ,夕暮れから夜景へと変化するバック・ステージ。時間と共に刻一刻とその表情を変えていく町並みがアクセント! “指揮者”山中千尋ピアノに呼応する“人と車の流れ”がお見事である。
 真っ赤なネオンさえピアノを照らすスポット・ライトへと変化していく! そんな都会の雑踏とドラマティックなライティングを味方につけた山中千尋の“快演”が交差する最高の瞬間!
 そう。静かに流れる“極上の時間”が記録された『リーニング・フォワード』の真実とは「山中千尋 IN 大阪物語」なのである。

 『リーニング・フォワード』は「TWILIGHT SET」&「EVENING SET」の2ステージに「BONUS TRACKS」を加えた3部構成。セット毎に衣装のお色直しも楽しめる。そう。一度に3回も「お見合い」できてしまうお得盤である。

LEANING FORWARD-2 ピアノを演奏している“動く”山中千尋は「顔に似合わぬ」筋肉質であった。あの華奢な体で“男性顔負け”の力強いフレーズを繰り出す秘訣が垣間見えた。あの“ピアノ・サイボーグ”ばりの鍛え上げられた二の腕に“納得”です。

 そして次に目がいってしまうのは,山中千尋の“愛くるしい”笑顔でしょう。ほのぼのと楽しそうにピアノを弾き続ける姿に胸が“キューン”。バラードでは一転,眉間にしわ寄せ苦しそうな表情を浮かべる姿に,またしても“キューン”。

 なんだかんだ言って『リーニング・フォワード』を結構楽しんでいる管理人。冒頭の“ガッカリ&期待外れ”は何処へ行ったのでしょうね?
 いかに期待と妄想が桁外れに膨らんでいたのかが良~く分かります。今度は等身大の期待を抱いて,LIVE会場で「一方通行お見合い」でもしてみようと思っています。←おお,危険人物?

 それにしても未だ『リーニング・フォワード』だけに収録されている【MELO】と【SEJO】は秀逸。いつになったらCDへも吹き込んでくれるのでしょうね。アンチ映像物の皆さんにも,この2曲だけは買って聴く(見る)価値があると思っています。

 そんなこんなで…。山中千尋ファンを自認するなら,少々ガッカリものの『リーニング・フォワード』もお忘れなく!

 
TWILIGHT SET
01. Girl From Ipanema
02. Melo
03. Taxi
04. Ballard For Their Footsteps~Three Views Of A Secret
05. Living Without Friday

EVENING SET
01. I Got Rhythm
02. S.L.S.
03. Plum The Cow
04. Yagibushi
05. 2:30 Rag
06. In A Sentrimental Mood

BONUS TRACKS
01. Someday Somewhere
02. Sejo

 
CHIHIRO YAMANAKA : Piano
BEN STREET : Bass
BEN PEROWSKY : Drums

(澤野工房/ATELIER SAWANO 2003年発売/SDV002)
(ライナーノーツ/北見柊)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. おがっち より:

    DVDお見合い、いいですね。私も山中千尋に矢野沙織と小林香織と村治佳織とお見合い(合コン)したいものです。

  2. セラビーセラビー より:

    おがっちさん,コメントありがとうございます♪
    その合コン,私も是非誘ってくださ~い。「美しきジャズ&クラシック」-ユニバーサル。

  3. BLUE LIFE より:

    妄想は楽しいですもんね~。

  4. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    はい。夢を見るだけならタダですから。このDVDで何度もトリップできましたっ。

  5. ayuki より:

    お邪魔いたします。
    私はどちらかと言うと”大好き映像物”なんですが、”すぐ飽きる映像物”です。4回目くらいからは”あら捜し映像物”になって、演奏ミスやバックのスタッフの動きや映っているソリストの周りの映像などをいろいろ観てしまいます。
    でもDVDお見合いって良~く解ります。村治佳織さんのDVDでカメラを見つめる視線に悩殺されましたから・・・。

  6. セラビーセラビー より:

    ayukiさん,コメントありがとうございます♪
    「大好き映像物」→「すぐ飽きる映像物」→「あら捜し映像物」。お気持ちよ~く分かります。
    私もこの方程式に何度も泣かされてきました。やはり音だけ拾って想像力を逞しくした方が良いのかもしれませんね。
    私も村治佳織さんにカメラ目線で悩殺されてみたいです。

  7. らんまる より:

    山中千尋さんが好きです。特に演奏中のビジュアルが好きです。
    セラビーさん絶賛の『LEANING FORWARD』でしたが、期待通りの表情がバッチリでした。山中千尋さんとピアノに恋するセラビーさま、これからは私もお友達に加えてください。
    皆さんと一緒に山中千尋さんを語り合いたいのです。よろしくお願いいたします。

  8. セラビーセラビー より:

    らんまるさん,コメントありがとうございます♪
    『LEANING FORWARD』は「幼い系」の山中千尋が映っていますね。最近は顔が変わって山中千尋も色っぽくなりましたが,私もこの時代の演奏シーンが大好きです。らんまるさんと一緒に山中千尋を応援できることをうれしく思います。

  9. アビス より:

    山中千尋さん、ほんとかわいいですね。このDVDのジャケット写真が最高です。女優、アイドルとしても活躍できそうですね。
    あっ、私も千尋さんの音楽性が好きなだけですよ(苦笑)。音楽的な興味を満たしてくれるのが【MELO】と【SEJO】ですね。チェックしようと思います。

  10. セラビーセラビー より:

    アビスさん,コメントありがとうございます♪
    このジャケ写が最高ですよね。アイドル女優の堤さんにも似ていますね。【MELO】と【SEJO】は名演だと思います。

タイトルとURLをコピーしました