デヴィッド・サンボーン & フレンズ / ザ・スーパー・セッション

4.0

THE SUPER SESSION-1 『THE SUPER SESSION』(以下『ザ・スーパー・セッション』)でのデヴィッド・サンボーンは,その昔の「スタジオ・ミュージシャン稼業」リターンズ。

 某TV番組のホストであるがゆえに?ゲストに花を持たせている。でもデヴィッド・サンボーンが“脇役”なのはオモシロクナイ。サンボーン・フリークとしては不満が残る企画盤DVD

 『ザ・スーパー・セッション』のリリース名義は「デヴィッド・サンボーン & フレンズ」となっているが,音楽の実質は「マーカス・ミラー & フレンズ」。フロントマンがデヴィッド・サンボーンでバンマスがマーカス・ミラーで間違いない。

 『ザ・スーパー・セッション』のハイライトは【ニューヨークの想い】での「マーカス・ミラーフィーチャリングデヴィッド・サンボーン」。

THE SUPER SESSION-2 マーカス・ミラーがリードする“沸点”におけるデヴィッド・サンボーンアイザック・ヘイズの“掛け合い”が素晴らしい。デヴィッド・サンボーンの“エモーショナル・サックス”ここにあり~。超一流の「スタジオ・ミュージシャン稼業」は伊達ではない。

 ゲスト大勢の残りのトラックは無視してもいいが,オープニングとエンディングでの【メイン・テーマ】は目を見開いて凝視してほしい。

 「デヴィッド・サンボーンマーカス・ミラー」の“黄金コンビ”だから産み出せる独特のグルーヴが最高。何でこんなに短いの~。
 おかげで『ザ・スーパー・セッション』のDVD批評も短時間。何でこんなに短いの~。

 
01. MAIN THEME
02. DIRTY BOULEVARD
03. MARY DON’T TAKE ME ON NO BAD TRIP
04. LOWDOWN
05. NEW YORK STATE OF MY MIND
06. SPOOKY
07. IT’S ON~CRAZIEST~FEEL ME FLOW
08. PERFECT DAY
09. ST. JAMES INFIRMARY
10. PEOPLE MAKE THE WORLD GO ROUND
11. MAIN THEME

 
DAVID SANBORN : Alto Sax
MARCUS MILLER : Bass
RICKY PETERSON : Keyboard
DAVID GILMORE : Guitar
GENE LAKE : Drums
DON ALIAS : Percussion

GUEST MUSICIAN
LOU REED : Vocal, Guitar
BOZ SCAGGS : Vocal
JOAN OSBORNE : Vocal
NAUGHTY BY NATURE : Rap
DR. JOHN : Vocal, Piano
ISAAC HAYES : Vocal

(ビデオアーツ/VIDEOARTS 2002年発売/COBY-91027)
(ライナーノーツ/大伴良則)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました