ハービー・ハンコック・トリオ / ハリケーン!

4.5

HURRICANE!-1 ハービー・ハンコックロン・カータートニー・ウィリアムスによるハービー・ハンコックトリオが“表”ハービー・ハンコックトリオならば,ハービー・ハンコックロン・カータービリー・コブハムによるハービー・ハンコックトリオが“裏”ハービー・ハンコックトリオ
 ずっとそう思っていた。DVDHURRICANE!』(以下『ハリケーン!』)を見るまでは…。

 『ハリケーン!』を見終わってからの管理人の部屋はビリー・コブハム“まみれ”=ビリー・コブハムの参加CD揃えまくり! ひいては“表”ハービー・ハンコックトリオハービーロンビリートリオだと思ってしまった。まっ,一過性でしたけど…。

 それくらいビリー・コブハムハービー・ハンコックロン・カーターへの適応力が素晴らしい。ずっとビリー・コブハムを「ロックの人」と思い込んでいた自分が情けない。読者の皆さん,ビリー・コブハムは「ジャズの人」ですから~。

 管理人のビリー・コブハム評価を90度?変えてしまった『ハリケーン!』の“売り”はビリー・コブハムドラムソロだけではなく,ハービー・ハンコックロン・カーターの完璧なソロ・パフォーマンス中心のステージングにある。

HURRICANE!-2 ボーナス・トラックを除く本編の全7トラック中の3トラック=【ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー】ではロン・カーターベースソロ。【ドルフィン・ダンス】ではハービー・ハンコックピアノソロ。【イリズ・トレジャー】ではビリー・コブハムドラムソロフィーチャリング」。

 残る4トラックでもソロデュオトリオ・フォーマットが目まぐるしく混在する。ハービー・ハンコックの変幻自在のピアノを支えて“プッシュする”リズム・セクション。3人の実力が露わになる+剥き出しになる最高のピアノ・トリオの一つに違いない。いい。

 『ハリケーン!』のハイライトは【プリンセス】におけるハービー・ハンコックの“秘儀”譜面破り~。こんなにダイナミックな大技は初めて見ました。詳しくはご自分の目でお確かめください~。

 
01. EYE OF THE HURRICANE
02. FIRST TRIP
03. WILLOW WEEP FOR ME
04. DOLPHINE DANCE
05. ILI’S TREASURE
06. PRINCESS
07. WALKING

bonus concert performance:
08. SPEAK LIKE A CHILD
09. LITTLE WALTZ

 
HERBIE HANCOCK : Piano
RON CARTER : Bass
BILLY COBHAM : Drums

(コロムビアミュージックエンタテインメント/V.I.E.W. 2003年発売/COBY-91038)
(ライナーノーツ/熊谷美広)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました