CD批評:渡辺 貞夫

渡辺 貞夫・ライヴ・アット・ブラバス・クラブ・’85 / パーカーズ・ムード / BILLY’S BOUNCE

『PARKER’S MOOD』の4曲目は【BILLY’S BOUNCE】(以下【ビリーズ・バウンス】)。  【ビリーズ・バウンス】の聴き所はたくさんあるが,主役はチャーネット・モフェット! “ブイブイ”言わせる“地を這う”ベースが,観...
0
CD批評:渡辺 貞夫

渡辺 貞夫・ライヴ・アット・ブラバス・クラブ・’85 / パーカーズ・ムード / LAMENT

『PARKER’S MOOD』の3曲目は【LAMENT】(以下【ラメント】)。  【ラメント】は,渡辺貞夫の快演が先か,バックの快演が先か,互いに一気に盛り上がる! ミディアムなのに“熱すぎる”名演である。あんなに哀しかったのに,こん...
0
CD批評:渡辺 貞夫

渡辺 貞夫・ライヴ・アット・ブラバス・クラブ・’85 / パーカーズ・ムード / EVERY THING HAPPENS TO ME

『PARKER’S MOOD』の2曲目は【EVERYTHING HAPPENS TO ME】(以下【エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー】)。  【エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー】は,泣きたいくらいに“センチメンタル”。鈴木宗男じゃ...
0
CD批評:渡辺 貞夫

渡辺 貞夫・ライヴ・アット・ブラバス・クラブ・’85 / パーカーズ・ムード / STELLA BY STARLIGHT

『PARKER’S MOOD』の1曲目は【STELLA BY STARLIGHT】(以下【星影のステラ】)。  【星影のステラ】の名演は多いが,キース・ジャレットとチック・コリアの代名詞的ナンバーなので,ピアノによる“静かな”プレイ向...
0
CD批評:渡辺 貞夫

渡辺 貞夫・ライヴ・アット・ブラバス・クラブ・’85 / パーカーズ・ムード

 “ナベサダ”こと渡辺貞夫はJ-ジャズの枠を越えた,世界のジャズ・ジャイアントの一人である。  …と,紹介しようとも,読者の皆さんに渡辺貞夫の“偉大さ”はストレートに伝わらないのではないか?  管理人がそうだった。渡辺貞夫と来れば草刈政...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / SWEARE

『MINT JAMS』の7曲目は【SWEARE】(以下【スウェアー】)。  【スウェアー】のテーマは“愛と希望そして誓い”! 正に「明日生きるための力」を与えてくれる名トラックである。管理人はこのオフィシャル・テーマに“与え合う幸福”...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / TEARS OF THE STAR

『MINT JAMS』の6曲目は【TEARS OF THE STAR】(以下【ティアーズ・オブ・ザ・スター】)。  【ティアーズ・オブ・ザ・スター】は,カシオペア・バラードの原点! 野呂一生のシンプル,かつ“極上”のメロディを最高に“...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / DOMINO LINE

『MINT JAMS』の5曲目は【DOMINO LINE】(以下【ドミノ・ライン】)。  【ドミノ・ライン】とは正にピッタリのネーミング! スリル満点! ノン・ストップで全てのリスナーを「なぎ倒していく」このビートに,もう乗っかるしか...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / TIME LIMIT

『MINT JAMS』の4曲目は【TIME LIMIT】(以下【タイム・リミット】)。  真に“スリリングな演奏”という言葉は【タイム・リミット】のためにある。この“後がない”緊張感が,笑顔を消し去り,聴覚だけに全神経を集中するよう脳...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / MIDNIGHT RENDEZVOUS

『MINT JAMS』の3曲目は【MIDNIGHT RENDEZVOUS】(以下【ミッドナイト・ランデブー】)。  イエーィ! グルーヴィー! ファンク・ビートに乗ったギターとキーボードが,いつもの何倍も“力強く”鳴っている! ここに...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / ASAYAKE

『MINT JAMS』の2曲目は【ASAYAKE】(以下【朝焼け】)。  【朝焼け】は超有名! 最近はPOPグループにもカバーされる程のカシオペアの十八番! 【朝焼け】抜きのライブなどあり得ない。  一度,汐留のプチ復活ライブの...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス / TAKE ME

『MINT JAMS』の1曲目は【TAKE ME】(以下【テイク・ミー】)。  【テイク・ミー】は実にエレガントでエクセレント! 決してバラードとは呼べない熱い演奏なのだが,甘く切ないメロディーと向谷実のエレピに誘われ,思わず涙してし...
0
CD批評:CASIOPEA (CASIOPEA 3RD)

カシオペア / ミント・ジャムス

 よみがえる青春! 管理人にとって,カシオペア抜きに青春など語れない!  メチャメチャ思い入れがあるのでレビューするのをためらっていましたが,数名の読者の皆さんからリクエストをいただき,背中を押されて?ついに登場!  でも下手なこと書け...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / IT COULD HAPPEN TO YOU

『YANO SAORI』の11曲目は【IT COULD HAPPEN TO YOU】(以下【イト・クドゥ・ハプン・トゥー・ユー】)。  【イト・クドゥ・ハプン・トゥー・ユー】は,矢野沙織の“小粋な”名演として,いつまでも語り継がれるべ...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / IN A SENTIMENTAL MOOD

『YANO SAORI』の10曲目は【IN A SENTIMENTAL MOOD】(以下【イン・ア・センティメンタル・ムード】)。  矢野沙織が,真正面からジャズの王道に取り組んだ【イン・ア・センティメンタル・ムード】での“貫禄”ある...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / HOYDEN

『YANO SAORI』の9曲目は【HOYDEN】(以下【ハイデン】)。  【ハイデン】は,サルサのリズムに引っ張られたハード・バップである。  今泉正明のピアノと松島啓之のトランペットが,矢野沙織のアルト・サックスを奪い合う。...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / MARMADUKE

『YANO SAORI』の8曲目は【MARMADUKE】(以下【マーマデューク】)。  【マーマデューク】には,矢野沙織の“若さ”が記録されている。ハロルド・メイバーン・トリオのカウントと共に“高速”パーカー・ナンバーが疾駆し始めるの...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / BOHEMIA AFTER DARK

『YANO SAORI』の7曲目は【BOHEMIA AFTER DARK】(以下【ボヘミア・アフター・ダーク】)。  有名バップ・ナンバー【ボヘミア・アフター・ダーク】に“熱演”を期待してしまうと“肩すかし”を喰らってしまう。勿論,熱...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / BLACK ORPHEUS

『YANO SAORI』の6曲目は【BLACK ORPHEUS】(以下【黒いオルフェ】)。  【黒いオルフェ】の名演は多いが,このトラックは他の誰とも似ていない,矢野沙織流。この“雰囲気たっぷり”の解釈が16歳の女子高生によるものと世...
0
CD批評:矢野 沙織

矢野 沙織 / YANO SAORI / MY LITTLE SUEDE SHOES

『YANO SAORI』の5曲目は【MY LITTLE SUEDE SHOES】(以下【マイ・リトル・スエード・シューズ】)。  【マイ・リトル・スエード・シューズ】の“ゆったり流れる時間”が実に楽しい。  矢野沙織&松島啓之の“強...
0
タイトルとURLをコピーしました