CD批評:ギル・エヴァンス

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター / ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS

『GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER DISC 2』の5曲目は【ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS】(以下【オレンジ・ウォズ・ザ・カラー・オブ・ハー・ドレス】)。 ...
0
CD批評:ギル・エヴァンス

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター / VARIATIONS ON THE MISERY

『GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER DISC 1』の4曲目は【VARIATIONS ON THE MISERY】(以下【ヴァリエイションズ・オン・ザ・ミザリー】)。  【ヴァリエイションズ・オン...
0
CD批評:ギル・エヴァンス

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター / JELLY ROLLS

『GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER DISC 1』の2曲目は【JELLY ROLLS】(以下【ジェリー・ロールズ】)。  【ジェリー・ロールズ】での,大編成だからできる「音の大物感」が“音の魔術...
0
CD批評:ギル・エヴァンス

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター / ANITA’S DANCE

『GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER DISC 1』の1曲目は【ANITA’S DANCE】(以下【アニタズ・ダンス】)。  【アニタズ・ダンス】は,マイルス・デイビスとのコラボだけでは絶対にイメ...
0
CD批評:ギル・エヴァンス

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター

 “俺をダウンさせた唯一の男”とかつてマイルス・デイビスをして言わしめた男がギル・エヴァンスである。しかし,その偉大な功績に不釣り合いなほどギル・エヴァンスは生きることに苦労した。生涯中に一度も売れたことはない。  マイルス・デイビス...
0
CD批評:エディ・ヒギンズ

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン / MY FOOLISH HEART

『AGAIN』の4曲目は【MY FOOLISH HEART】(以下【愚かなり我が心】)。  アドリブログのルールとしては【愚かなり我が心】と日本語表記で曲名は紹介するのだが『AGAIN』収録の【愚かなり我が心】は【マイ・フーリッシュ・...
0
CD批評:エディ・ヒギンズ

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン / GION KOUTA~KYOTO BLUES

『AGAIN』の3曲目は【GION KOUTA~KYOTO BLUES】(以下【祇園小唄~京都ブルース】)。  てっきりVENUSのゴリ押し企画と思ってしまった【祇園小唄~京都ブルース】は,どうやら本当にエディ・ヒギンズ本人による持ち...
0
CD批評:エディ・ヒギンズ

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン / HOW INSENSITIVE

『AGAIN』の2曲目は【HOW INSENSITIVE】(以下【ハウ・インセンシティブ】)。  エディ・ヒギンズの【ハウ・インセンシティブ】は,原曲通りの“悲しいボッサ”。ボッサのリズムが“悲しく鳴り響く”名演である。  【ハ...
0
CD批評:エディ・ヒギンズ

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン / AGAIN

『AGAIN』の1曲目は【AGAIN】(以下【アゲイン】)。  ティン・パン・アレー系の【アゲイン】が,ここまで無理なくスイングするとは…。ミディアム・バラードの【アゲイン】一曲で,一気にエディ・ヒギンズにハマッテシマッタ。  【ア...
0
CD批評:エディ・ヒギンズ

エディ・ヒギンズ・トリオ / アゲイン

 「録音好し,ジャケット好し,選曲好し」で大人気のVENUS。  VENUSのターゲットは明快だ。「録音好し,ジャケット好し,選曲好し」とは「オーディオ好きで,美女好きで,スタンダード好きな」中高年のジャズおやじ向けの日本のレコード会社で...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / TEEN TOWN(PICCOLO BASS VERSION)

『PORTRAIT OF JACO』の10曲目は【TEEN TOWN(PICCOLO BASS VERSION)】(以下【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】)。  ジャコパスのウェザー・リポート時代の18番=【ティーン・タウン...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / A REMARK YOU MADE

『PORTRAIT OF JACO』の4曲目は【A REMARK YOU MADE】(以下【お前のしるし】)。  ウェザー・リポートの【お前のしるし】は,作者であるジョー・ザビヌルがジャコ・パストリアスのベース・ソロを意識して書き上げ...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / TEEN TOWN(BASS VERSION)

『PORTRAIT OF JACO』の3曲目は【TEEN TOWN(BASS VERSION)】(以下【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】)。  ジャコパスのウェザー・リポート時代の18番=【ティーン・タウン(ベース・ヴァージ...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / CONTINUUM

『PORTRAIT OF JACO』の2曲目は【CONTINUUM】(以下【コンティニューム】)。  ジャコパスの18番=【コンティニューム】が劇的にクール! 2001年のジャコパスはブライアン・ブロンバーグのように“整然と”は弾かな...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / PORTRAIT OF TRACY

『PORTRAIT OF JACO』の1曲目は【PORTRAIT OF TRACY】(以下【トレイシーの肖像】)。  世界一のジャコパス・フリーク=ブライアン・ブロンバーグが,ジャコパスの勝負曲=【トレイシーの肖像】で勝負に出た! ...
0
CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ

 ジャズメンにとって,トリビュート・アルバムの製作は,そのジャズメンをオマージュとして,自分自身を見つめ直すことである。そのジャズメンからの拭い去れない影響を意識しながら,自分自身のアイデンティティを確立する作業である。  その結果,出来...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY III

『TALES OF ANOTHER』の6曲目は【TRILOGY Ⅲ】(以下【トリロジーⅢ】)。  【トリロジーⅢ】を朝一の“寝ボケ眼”で聴く。一時期,それが管理人の出勤前の習慣であった。あの脳を叩き起こす“ガツン”とかますインパクト!...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY II

『TALES OF ANOTHER』の5曲目は【TRILOGY Ⅱ】(以下【トリロジーⅡ】)。  【トリロジーⅡ】は,とにもかくにもキース・ジャレットである。突出したキース・ジャレットの“独り舞台”に歪んだピアノ・トリオの主従関係が浮...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY I

『TALES OF ANOTHER』の4曲目は【TRILOGY Ⅰ】(以下【トリロジーⅠ】)。  【トリロジーⅠ】に,ゲイリー・ピーコックが『テイルズ・オブ・アナザー』で“狙った”コンセプトが如実に表現されている。ゲイリー・ピーコック...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / MAJOR MAJOR

『TALES OF ANOTHER』の3曲目は【MAJOR MAJOR】(以下【メイジャー・メイジャー】)。  【メイジャー・メイジャー】こそ,キース・ジャレット・トリオによるフリー・インプロヴィゼーションのようなインタープレイの“象...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました