イエロー・ジャケッツ / ポリティクス / HELIX

4.5

『POLITICS』の7曲目は【HELIX】(以下【ヘリックス】)。

 【ヘリックス】は“超クール”なジャズ・ナンバー! そこへフュージョン特有の“キメ”が入ってくるからたまらない。これこそイエロー・ジャケッツの“新・お家芸”!

 冒頭から続くテーマが素晴らしい。一音でリスナーの耳を釘付けにしてしまう,この緊張感がヤバイ。
 やはりイエロー・ジャケッツは,ラッセル・フェランテキーボードで出来ている。このアコースティックエレクトリックの絶妙な調合具合が,イエロー・ジャケッツ“最大の個性”であろう。

 …と,褒めちぎりたいところであるが,熱烈なファンとしては,ここまで完成度が高いとさらなる高みを求めてしまう。つい欲がでてしまう。
 例えば1分15秒からのピアノソロ。ここはもっと“がっつり”きてほしかった。

 “無いものねだり”でもう一つ。3分10秒からのマーク・ルッソアルトソロ。このアルトサックスの音色は,疑似ソプラノである。いや,疑似ウェイン・ショーターと言ってもいい。
 どうせ“疑似ウェイン・ショーター<”するのなら,ソプラノサックスではなく,テナーサックスしてほしかった~。

 
YELLOWJACKETS
RUSSELL FERRANTE : All Keyboards
JIMMY HASLIP : 5-Strings Bass
MARC RUSSO : Saxophone
WILLIAM KENNEDY : Drums

ALEX ACUNA : Percussion
STEVE CROES : Synclaviet

POLITICS-1
POLITICS
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました