デヴィッド・サンボーン / クローズ・アップ / SAME GIRL

4.5

『CLOSE-UP』の5曲目は【SAME GIRL】(以下【セイム・ガール】)。

 【セイム・ガール】は,とにかく悲しい。涙の出ない,質の異なる悲哀を感じる。このトラックを聴いていると大抵もの思いにふけってしまう。

 デヴィッド・サンボーンアルト・サックスの響きが“雅楽”している。雅楽→武家社会→○尊○卑→【セイム・ガール】?
 ああ,悲しい運命。それでも女性は(いつの時代も)優しく美しい。真に女性は男性に愛されるべきである。

 そう。【セイム・ガール】は,デヴィッド・サンボーンが捧げる,世の女性たちへの哀悼歌,また賛美歌である。

 
DAVID SANBORN : Alto Saxophone
MARCUS MILLER : Piano, Keybords

CLOSE-UP-1
CLOSE-UP
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました