アル・ディメオラ / エレガント・ジプシー / FLIGHT OVER RIO

5.0

『ELEGANT GYPSY』の1曲目は【FLIGHT OVER RIO】(以下【フライト・オーヴァー・リオ】)。

 『エレガント・ジプシー批評の中では【レース・ウィズ・デビル・オン・スパニッシュ・ハイウェイ】の一択,と書いてシカトしているが,本当はそんなことはない! ← 自分で自分を否定して,自分で自分をフォローする管理人。

 恐らく,世間的には『エレガント・ジプシー』の代表曲は【フライト・オーヴァー・リオ】の方であろう。
 なんてったって【レース・ウィズ・デビル・オン・スパニッシュ・ハイウェイ】のキーボードバリー・マイルスであるが【フライト・オーヴァー・リオ】のキーボードヤン・ハマーである。

 そう。ヤン・ハマーと来れば“大物ギタリスト・キラー”。ヤン・ハマーの場合,ソロの方は全くであるが,ことギタリストとの共演となると,大物たちが競うかのようにヤン・ハマーを指名している。

 ジェフ・ベックの音源を聞いてアル・ディメオラヤン・ハマーを指名したのであろうが,アル・ディメオラ以降のスーパー・ギタリストたちは,アル・ディメオラの【フライト・オーヴァー・リオ】を聞いて氏名したのであろう。

 ギタリストたちは絶対にヤン・ハマーのシングル・トーンのキーボードが大好き! 何たってヤン・ハマーの場合,キーボードギター・ライクなキーボードの2つの楽器を同時に演奏できるのだから!

 特に1分42秒から始まるユニゾンの音色はツインギターキーボードの3重奏でのユニゾンのようであるし,その後のギターソロキーボードソロの丁々発止はハイライト!

 でも個人的に何百回も聴き込んだ【フライト・オーヴァー・リオ】が頭の中で鳴り出す時は,いつでも決まってスタートから4秒後のヤン・ハマーによる「テレレレー」である。
 この不気味な「テレレレー」が9回鳴ったのを合図に,1分29秒からのアンソニー・ジャクソンミンゴ・ルイスによる「猪突猛進」+“神”スティーヴ・ガッドのタイトなリズム隊の「雨嵐」へとつながり,一度走り出したらバンド全員が止まらない! もう誰にも止められない!

 こんな超高速アンサンブルの最中で繰り広げられるギターキーボードによるソロの応酬が超絶た・ま・ら・な・い!

 
AL DiMEOLA : Electric Guitar
JAN HAMMER : Electric Piano, Mini Moog
STEVE GADD : Drums
ANTHONY JACKSON : Bass Guitar
MINGO LEWIS : Congas, (Background Synthesizers : Arp Odyssey, Arp Sequencer, Percussion, Organ)

ELEGANT GYPSY-1
ELEGANT GYPSY
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました