ドン・グロルニック・フィーチャリング・マイケル・ブレッカー / ハーツ・アンド・ナンバーズ / POOLS

4.5

『HEART AND NUMBERS』の3曲目は【POOLS】(以下【プールズ】)。

 『STEPS AHEAD』の【プールズ】の再演となるが,あちらのピアノは作者であるドン・グロルニックではなくイリアーヌ・イリアスなので,ドン・グロルニック版としては初演になると思う。

 ドン・グロルニック版の【プールズ】が,俄然フュージョンして大好きなのだが,マイケル・ブレッカーテナーサックスの“色気”に誘われていると,そこへ突然「本気モード」のドン・グロルニックピアノが飛び込んでくる!

 2分23秒からのピアノソロで,ドン・グロルニックが天高く飛翔するのだが,特に3分29秒からの4分11までのロング・ソロの“うねり具合”が大好きで,管理人なんかはドン・グロルニックピアノソロが始まると,いつでも立ち上がって鍵盤を打ち叩く「エア・キーボードの世界」へと突入してしまう,ヤミツキ&ローリング!

 
DON GROLNICK : Piano, Fender Rhodes
MICHAEL BRECKER : Tenor Saxophone
JEFF MIRONOV : Guitar
WILL LEE : Bass
PETER ERSKINE : Drums

HEARTS AND NUMBERS-1
HEARTS AND NUMBERS
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました