ランディ・ブレッカー・ウィズ・マイケル・ブレッカー / サム・スカンク・ファンク / SOME SKUNK FUNK

5.0

『SOME SKUNK FUNK』の1曲目は【SOME SKUNK FUNK】(以下【サム・スカンク・ファンク】)。

 【サム・スカンク・ファンク】は“音の大洪水”! 使い古された言葉はどうかと思ったが,やっぱり“音の大洪水”以外の表現が見当たらない。
 何が“大洪水”かと言えば,この音圧にしてこのタテノリ! 全身で受け止めようと思っても無理。どんなに踏ん張っても軽く押し流されてしまう。これは“鉄砲水”である。

 CDの無数のピット上から,連続射撃が行なわれる。鉄砲水改め“ライフル”水! ランディ・ブレッカートランペットマイケル・ブレッカーテナーサックス以外からも,縦横無尽に“四方八方”怒濤のフレーズが繰り出される!

 アドリブを取るのは「ブレッカー・ブラザーズ」だけなのだが,ウィル・リーピーター・アースキンによる“ファンクグルーヴ”が「ブレッカー・ブラザーズ」以上にガッツリ攻めてくる。全開で“ビンビン”グルーヴを回されれば,そりゃ,腰砕けになるわけさ。

 “先攻”のアドリブ隊,マイケル・ブレッカーがスパークする。2分57秒から3分4秒までのフレーズは世界一!
 “後攻”のランディ・ブレッカーは,ゆったりとした入りながら,3分38秒からはビッグ・バンド全員を引き連れて,これまた大スパーク!
 この時間こそ“至福の一時”である。今回も使い古された言葉しか出てこないので,残る賛辞はご自分の耳と唇で~。

 
RANDY BRECKER : Trumpet
MICHAEL BRECKER : Tenor Saxophone
JIM BEARD : Piano, Synthesizer
WILL LEE : Electric Bass
PETER ERSKINE : Drums
MARCIO DOCTOR : Percussion

THE WDR BIG BAND KOLN CONDUCTED BY VINCE MENDOZA

SOME SKUNK FUNK-1
SOME SKUNK FUNK
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました