ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ

4.5

PORTRAIT OF JACO-1 ジャズメンにとって,トリビュート・アルバムの製作は,そのジャズメンをオマージュとして,自分自身を見つめ直すことである。そのジャズメンからの拭い去れない影響を意識しながら,自分自身のアイデンティティを確立する作業である。
 その結果,出来上がったトリビュート・アルバムは「私は誰々からの影響を受けてこんなジャズメンに育ちました」という“自己紹介盤”であって,単なる誰々の楽曲集ではないはずである。
 しかし,自己紹介にはある種の恥ずかしさがつきまとう。ストレートに,ありのままの自分を語る難しさ…。TVでのものまね芸人よろしく,単なる完コピでは??

 さて,ブライアン・ブロンバーグの『PORTRAIT OF JACO』(以下『ポートレイト・オブ・ジャコ』)である。
 『ポートレイト・オブ・ジャコ』は,現代ベース・マイスターの1人=ブライアン・ブロンバーグによる,ジャコ・パストリアスへ捧げた,正真正銘のトリビュート・アルバムである。

 『ポートレイト・オブ・ジャコ』が凄い。ジャコ・パストリアスジャコ・パストリアス“らしい”フレーズは出てこない。しかし,どこを聴いてもジャコ・パストリアス“らしさ”が感じられる。
 そう。『ポートレイト・オブ・ジャコ』は,表面上はブライアン・ブロンバーグ名義のソロ・アルバムであるが,実質的には,ジャコ・パストリアスソロ第〇〇弾のアルバムだと言い切ってしまおう。

 “サポート・ベーシスト”に徹したブライアン・ブロンバーグの超絶ベースソロは,その全部が全部,ジャコ・パストリアスを「祭り上げたもの」ばかり。
 『ポートレイト・オブ・ジャコ』におけるブライアン・ブロンバーグの主張はただ1つ,俺は「世界一」ジャコ・パストリアスが大好きなんだ~,という叫び声である。

 欧米人は「他人と同じであってはならない」という文化を有している。その上で“ジャコ・パストリアス丸出しの”トリビュート・アルバムを完成させたことに大きな意味がある。
 思うに,ブライアン・ブロンバーグは『ポートレイト・オブ・ジャコ』で「現代のジャコ・パストリアス」を“背負う”決意を固めたのではなかろうか? 管理人はブライアン・ブロンバーグのこの勇気にいたく感動してしまった。

PORTRAIT OF JACO-2 もしもジャコ・パストリアスが,このメンバー(アレックス・アクーニャボブ・ミンツァー等)と共演したなら,ピッコロ・ベースウッド・ベースを弾いたとしたら…。

 ジャコ・パストリアス・ファンのその願いをブライアン・ブロンバーグが全て叶えてくれる。ファン最大の願いである,師匠=ジャコ・パストリアスと,弟子=ブライアン・ブロンバーグの共演を一人二役で適えてくれる。

 『ポートレイト・オブ・ジャコ』最大の聴き所は,ジャコ・パストリアスブライアン・ブロンバーグの超絶シンクロにある! ブライアン・ブロンバーグジャコ・パストリアスの“天才”が溢れている。

 
01. Portrait of Tracy
02. Continuum
03. Teen Town [bass version]
04. A Remark You Made
05. Three Views of a Secret
06. Tears
07. Slang
08. Come On, Come Over
09. The Chicken
10. Teen Town [piccolo bass version]

 
BRIAN BROMBERG : Acoustic Bass, Fretted Bass, Fretless Bass, 5 Sring Bass, Acoustic Piccolo Bass, Nylon Strings Piccolo Bass, Keyboard Programming, String Arranging, Horn Arranging, Percussion Arranging, Loop Arranging
TOM ZINK : Piano, Keyboards, String Programming, Loop Programming, Strings Arranging, Loop Arranging
DAVE KOCHANSKI : Piano, Keyboards, Keyboard Programming, Loop Programming, Horn Arranging
JEFF LORBER : Electric Piano, Keyboards, Keyboard Programming
GREGG MATHISON : B3 Organ
GANNON ARNOLD : Guitar
DLOC : Drums
JOEL TAYLOR : Drums
CHRIS WABICH : Stell Drums
ALEX ACUNA : Percussion
BOB MINTZER : Saxophone
ERIC MARIENTHAL : Saxophone
GARY GRANT : Trumpet
JERRY HEY : Trumpet
DAN HIGGINS : Saxophone
LARRY WILLIAMS : Saxophone
ANDY MARTIN : Trombone
BILL CHAMPLAIN : Vocals
BOBBY KIMBALL : Vocals

(キングレコード/KING RECORD 2002年発売/KICJ 428)
(ライナーノーツ/ボビー・コロンビー,ブライアン・ブロンバーグ,松下佳男)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました