ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンス・ライヴ・アット・ザ・パブリック・シアター / VARIATIONS ON THE MISERY

4.5

『GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER DISC 1』の4曲目は【VARIATIONS ON THE MISERY】(以下【ヴァリエイションズ・オン・ザ・ミザリー】)。

 【ヴァリエイションズ・オン・ザ・ミザリー】とは,100%アーサー・ブライスアルトサックスである。
 アーサー・ブライスの,まるで口寄せの儀式みたいなアルトソロギル・エヴァンスの「隠し玉」である。

 ジャズオーケストラのコンサートを見に来て,こんな切り口のアドリブを聴かされることになるとは,聴衆の誰一人として想像もしていない。
 終演後には必ず(そう言えば的な感想として)アーサー・ブライスアルトサックスソロが話題に上るだろうなぁ。
 本当であればアルバムに入らない,ライブだけのお楽しみ,を聞いたようでえらく得した気分にもなる。

 アーサー・ブライスアルトサックスソロという「隠し玉」で,ライブの集客増 → レコードのセールス増 → もっとライブの集客増が実現できる。ヒットの法則が「口コミ」にあることをギル・エヴァンスは知っている。

 
GIL EVANS : Electric Grand Piano
MASABUMI KIKUCHI : Synthesizer
PETE LEVIN : Synthesizer
TIM LANDERS : Electric Bass
BILLY COBHAM : Drums
ALYRIC LIMA : Percussion
ARTHUR BLYTHE : Soprano Saxophone, Alto Saxophone
HAMIET BLUIETT : Baritone Saxophone, Alto Flute
JOHN CLARK : Frenh Horn
LOU SOLOFF : Trumpet
JOHN FADDIS : Trumpet
HANNIBAL MARVIN PETERSON : Trumpet
GEORGE LEWIS : Trombone
DAVE BARGERON : Trombone, Tuba

GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER-1
GIL EVANS:LIVE AT THE PUBLIC THEATER
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました