ニール・ラーセン / ジャングル・フィーバー / JUNGLE FEVER

5.0

『JUNGLE FEVER』の5曲目は【JUNGLE FEVER】(以下【ジャングル・フィーバー】)。

 【ジャングル・フィーバー】はメンバー全員で「前へ前へ」と向かっていく推進力が最大の聴き所! 特にジェリー・ヘイトランペットラリー・ウイリアムスアルトサックスによるホーン・アンサンブルがゴージャスで【ジャングル・フィーバー】を聴く度に前向きになれるし,いつでも勇気をもらうことができるアゲアゲな1曲で,その昔,TVのスポーツ・コーナーかなんかのBGMとして流れていた記憶がある?

 【ジャングル・フィーバー】をこれほど好きな理由とは,やっぱりサビの素晴らしさだろう。ニール・ラーセンのポップな作風がスタジオ・ミュージシャンのハートに突き刺さり,テクニカルなのに歌心たっぷりな演奏に仕上がっている。
 演奏していること自体が快感となり,自分がリードを取っている気分になりそうである。ユニゾンの音量も全員が増し増し気味に聴こえるし?

 こんな名曲を書き上げたニール・ラーセンだが,自分のキーボードソロでは歌い狂っている。続くバジー・フェイトンンギターソロはロック・フィーリング溢れるアドリブで,中盤での2人の自由なアドリブがあってこそのユニゾン大会が大団円!

 
NEIL LARSEN : Keyboards
BUZZ FEITEN : Guitar
WILLIE WEEKS : Bass
ANDY NEWMARK : Drums
RALPH MACDONALD : Percussion
MICHAEL BRECKER : Tenor Saxophone
LARRY WILLIAMS : Alto Saxophone, Alto Flute
JERRY HEY : Trumpet, FlugelHorn

JUNGLE FEVER-1
JUNGLE FEVER
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました