ハーヴィー・メイソン / マーチング・イン・ザ・ストリート / HOP SCOTCH

4.5

『MARCHING IN THE STREET』の3曲目は【HOP SCOTCH】(以下【ホップ・スコッチ】)。

 これぞハービー・ハンコックとは違う,ハーヴィー・メイソンが率いるヘッドハンターズ参上なのが【ホップ・スコッチ】。

 ハーヴィー・メイソンが率いるヘッドハンターズの特徴は,ポール・ジャクソンベニー・モウピンフィーチャリンググルーヴ軍団である。

 エレピ・マシーンである「親分」ハービー・ハンコックには,キーボード奏者が本来受け持つファンキーなリズム・バッキングとテーマ部での大いなるアドリブ一発,これで全て決まりである。

 そしてこの3人に常に絡みつく,ハーヴィー・メイソンドラミングがイケイケのジャズ・ファンクど真ん中!
 ポール・ジャクソンがリズムを刻み,その隙間をハービー・ハンコックが埋め続けるのだが,浮き立つドラムに先導されたベニー・モウピンソプラノサックスがUP+UP!

 
HARVEY MASON : Drums
CHUCK RAINEY : Bass
PAUL JACKSON : Bass
HERBIE HANCOCK : Piano
DAVE GRUSIN : Piano
LEE RITENOUR : Guitar
BLUE MITCHELL : Trumpet
OSCAR BRASHER : Trumpet
FRANK ROSOLINO : Trombone
GEORGE BOHANNON : Trombone
BENNY MAUPIN : Saxophone
ERNIE WATTS : Saxophone
HUBERT LAWS : Flute

MARCHING IN THE STREET-1
MARCHING IN THE STREET
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました