ハーヴィー・メイソン / マーチング・イン・ザ・ストリート / WILD RICE

4.5

『MARCHING IN THE STREET』の4曲目は【WILD RICE】(以下【ワイルド・ライス】)。

 ハービー・ハンコック率いるヘッドハンターズでは実現しなかったであろう,ハーヴィー・メイソンが率いるヘッドハンターズへのリー・リトナーの「道場破り」トラックが【ワイルド・ライス】である。

 リー・リトナーオリジナルが,ここまでジャズ・ファンクするのもヘッドハンターズ「一門」の手さばきのおかげであろう。
 ファンキー・ビートに揺られつつ,リー・リトナーらしい細かなユニゾンが転調のアクセントとなり,ギターソロでの「リトナー節」にゾクゾクしてしまう。

 【ワイルド・ライス】の録音当時は,まだ「駆け出し」であったリー・リトナーオリジナル曲を採用し,自慢のヘッドハンターズとぶつけての“化学反応”を試したハーヴィー・メイソンの「名伯楽」。
 とにかく「バカ売れ」のヘッドハンターズと「駆け出し」のリー・リトナーの対等な共演を企画するあたりが「プロデューサー」ハーヴィー・メイソンの凄さであろう。
 この時すでにハーヴィー・メイソンが,リー・リトナーとのジェントル・ソウツ,そしてフォープレイでの将来の共演を見据えていたとしたら…。

 
HARVEY MASON : Drums
CHUCK RAINEY : Bass
PAUL JACKSON : Bass
HERBIE HANCOCK : Piano
DAVE GRUSIN : Piano
LEE RITENOUR : Guitar
BLUE MITCHELL : Trumpet
OSCAR BRASHER : Trumpet
FRANK ROSOLINO : Trombone
GEORGE BOHANNON : Trombone
BENNY MAUPIN : Saxophone
ERNIE WATTS : Saxophone
HUBERT LAWS : Flute

MARCHING IN THE STREET-1
MARCHING IN THE STREET
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました