ラルフ・タウナー / オープン・レター / INFECTION

4.5

『OPEN LETTER』の4曲目は【INFECTION】(以下【インフェクション】)。

 【インフェクション】のクレジットでは,ラルフ・タウナーピーター・アースキンの共作ということになっているが,これは完全なる即興演奏で間違いない。

 ラルフ・タウナーインプロで斬り込む中,ピーター・アースキンが,セオリー通りの「返し」を続けてポイントを稼いでいる。

 卓球で言えば「カットマン」のような動きのピーター・アースキンの「返し」が,ともするといろんな方向へ飛んでいきそうなギターを,相棒としてうまく引き留めているような感じのドラミングである。

 
RALPH TOWNER : Classical Guitar, 12-String Guitar, Synthesizer
PETER ERSKINE : Drums

OPEN LETTER-1
Open Letter
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました