ウェイン・ショーター / ウェイニング・モーメンツ / ALL OR NOTHING AT ALL

5.0

『WAYNING MOMENTS』の7曲目は【ALL OR NOTHING AT ALL】(以下【オール・オア・ナッシング・アット・オール】)。

 『WAYNING MOMENTS』の【オール・オア・ナッシング・アット・オール】を初めて聴いた時,直感的にジョン・コルトレーンの【オール・オア・ナッシング・アット・オール】を連想してしまった。
 そう。あの大名盤BALLADS』の中で“異彩”を放つ,あの【オール・オア・ナッシング・アット・オール】を連想してしまったのだ。

 ズバリ,あの大名盤BALLADS』にマッチするのはジョン・コルトレーンの【オール・オア・ナッシング・アット・オール】ではなく,ウェイン・ショーターの【オール・オア・ナッシング・アット・オール】の方である。差し替えである。

 ウェイン・ショーターの【オール・オア・ナッシング・アット・オール】には,エディ・ヒギンズが控えている。“アラビア風”のマッコイ・タイナーとは異なる甘美のバラードが素晴らしい。

 ワンホーンで情感豊かに吹き切るバラード演奏もモダン・ジャズのひとつの典型だが,ウェイン・ショーターバラードには,陳腐さが一切感じられずに心の奥底が幸福感で満たされる。

 
WAYNE SHORTER : Tenor Saxophone
FREDDIE HUBBARD : Trumpet
EDDIE HIGGINS : Piano
JYMIE MERRITT : Bass
MARSHALL TOMPSON : Drums

WAYNING MOMENTS-1
wayning moments
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました