バーニー・ケッセル / トゥ・スイング・オア・ノット / 12TH STREET RAG

5.0

『TO SWING OR NOT TO SWING』の11曲目は【12TH STREET RAG】(以下【12丁目のラグ】)。

 バーニー・ケッセルが超絶技巧を披露する【12丁目のラグ】がブギウギしていて最高である。アルバムのラストでバーニー・ケッセルの本気のアドリブが聴けて自然と笑顔になる。超高速ギターの難曲なのにバーニー・ケッセルの表情も笑顔のまんまのイメージ。

 1分51秒からのトランペットテナーサックスドラムによるバース交換を聴いていると,曲調は全然違うのだが「トムとジェリー」の追いかけっこの場面をイメージしてしまう~。ジャズって,仲良くケンカし続ける?お尻を取り合う音楽の実例である!?

 【12丁目のラグ】のポイントは,テーマ終わりに“お尻を鳴らす”ピアノのツー・タッチ。コミカルなのに音楽的なツー・タッチが印象に残る。

 
BARNEY KESSEL : Guitar
HARRY EDISON : Trumpet
GEORGE AULD : Tenor Saxophone
AL HENDRICKSON : Rhythm Guitar
JIMMY ROWLES : Piano
RED MITCHELL : Bass
IRV COTTLER : Drums

TO SWING OR NOT TO SWING-1
トゥ・スイング・オア・ノット
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました