ザ・グレイト・ジャズ・トリオ / ラヴ・フォー・セール / LOVE FOR SALE

5.0

『LOVE FOR SALE』の1曲目は【LOVE FOR SALE】(以下【ラヴ・フォー・セール】)。

 「ザ・グレイト・ジャズ・トリオ」を聴くようになったのは,どちらかというと遅かった。有名なジャズメンを一通り聴き終わった頃に,何か他にも的に物色している最中にCDを手に取ったような感じ。
 だから余計に,普段聴いてきたチャーミングな【ラヴ・フォー・セール】の印象とは異なる「ザ・グレイト・ジャズ・トリオ」の異質なアプローチが強烈で強く印象に残った記憶がある。

 【ラヴ・フォー・セール】の有名なピアノでのコード進行も変更されているし,こんなにも“うるさい”【ラヴ・フォー・セール】は他にない。
 イントロから鳴り響くトニー・ウィリアムスシンバルこそが「ザ・グレイト・ジャズ・トリオ」の【ラヴ・フォー・セール】の旗印。

 テーマ部におけるハンク・ジョーンズジャズピアノはいたって優しいのだが,それもここまでで,1分29秒からのピアノソロになると激しい連打で攻め立ててくる。そしてハイライトである4分52秒から6分0秒までのトニー・ウィリアムスのロング・ピアノソロの中には原曲のイメージなど残されてはいない。

 とは言え【ラヴ・フォー・セール】の原曲のイメージが破壊されたようには聴こえない。コード進行が変更されてアドリブ・ナンバーと化した【ラヴ・フォー・セール】なのに,どことなく聴き覚えを覚えるのがハンク・ジョーンズの「懐の深さ」なのであろう。

 
THE GREAT JAZZ TRIO
HANK JONES : Piano
BUSTER WILLIAMS : Bass
TONY WILLIAMS : Drums

LOVE FOR SALE-1
LOVE FOR SALE
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました