チック・コリア・エレクトリック・バンド / トゥ・ザ・スターズ・ツアー・エディション

4.5

TO THE STARS TOUR EDITION-1 「チック・コリア・エレクトリック・バンド」が,12年という時空間を越えて,ジャズフュージョン・ファンのもとに舞い戻って来てくれた。
 タイトルはズバリ『TO THE STARS』(以下『トゥ・ザ・スターズ』)! 「チック・コリア・エレクトリック・バンド」の新作にふさわしいタイトルである。

 確かに,キーボードチック・コリアに,ベースジョン・パティトゥッチドラムデイブ・ウェックルサックスエリック・マリエンサルギターフランク・ギャンバレと,5人のオリジナル・メンバーが全員揃った「チック・コリア・エレクトリック・バンド」の再結成は,ハッタリなしで「2004年最高の話題作」であった。

 う~ん。残念ながら『トゥ・ザ・スターズ』は文字通り“最高の話題作”止まりかな?
 お~っと,誤解がないように念押ししておくが,演奏の“質”そのものは最高! 「よくもまあ」という表現がピッタリの,最高のテクニック,ユニゾン,アドリブを披露してくれている。またまた腕を上げている。演奏に対する不満など“微塵”も感じさせない。

 では何が不満なのかと言うと『トゥ・ザ・スターズ』の“完全なるコンセプト・アルバム”仕立てが鼻につく。
 リーダーであるチック・コリアでさえ黒子に徹した「主役不在・オール脇役」風なBGMに聴こえてならないからである。

 チック・コリアのSF作家=L・ロン・ハバード好きは余りにも有名であるが,とりわけ『トゥ・ザ・スターズ』の一番の愛読者を公言している。
 そんなチック・コリアが“話題をかっさらうに決まっている”「チック・コリア・エレクトリック・バンド」再結成のタイミングで(ついにと言うか,念願のと言うか)『トゥ・ザ・スターズ』を勝手に?サントラ化してきたのである。
 『トゥ・ザ・スターズ』のライナーノーツには,ご丁寧にもチック・コリア自身による,本家『トゥ・ザ・スターズ』の解説書まで付いているではないか! この“熱の入れ具合”はただ事ではない。

 このような前置き抜きに一聴しても,すぐにそれと分かる抽象的な音! アルバム全般にチック・コリアのSFイメージが散りばめられている。
 間奏にあたるであろう【PORT VIEW】がその最たる特徴となっている。そういう意味では“狙い通りの大成功”なのであろう。ハマル人にはハマル! そんなアルバムなのだと思う。

 もし読者の皆さんの中に,SF好き,あるいはチック・コリア大好き人間がいるのなら,その人にとって『トゥ・ザ・スターズ』はかなりの“お奨め”なのかもしれない。
 しかしチック・コリア・ファンではない,単なる“ジャズフュージョン好き”には?である。

 ただし「エレクトリック・バンド」の“至福の音”が聴ける! この事実をどう評価するかが肝であろうが,個人的には大満足!
 チック・コリアさまさま。新生「チック・コリア・エレクトリック・バンド」の再結成を・あ・り・が・と・う!

 なお『トゥ・ザ・スターズ』には,ボーナスCD付きの『TO THE STARS TOUR EDITION』(以下『トゥ・ザ・スターズ・ツアー・エディション』)なる「後出し」新バージョンが存在する。カモである管理人は即買い直し~!

 『ツアー・エディション』とは『トゥ・ザ・スターズ』本編のレコーディング前に行なわれた“指慣らし”目的のスタジオ・ライブ音源。
 選ばれた4曲は過去の「エレクトリック・バンド」2曲+「エレクトリック・バンドⅡ」2曲からのレパートリーだから『トゥ・ザ・スターズ』のフォロー・ツアーを見据えた“軽めのセッション”気分なのだろうが,これが凄い&もの凄い!

TO THE STARS TOUR EDITION-2 顔合わせで音合わせ的な長尺の演奏は,たっぷりと時間を取り分けた全メンバーのソロ廻しに“悶絶”!
 リアレンジされた【GOT A MATCH?】と【ETERNAL CHILD】が「エレクトリック・バンド」史上最高の大名演
 【CTA】と【BLUE MILES】に至っては「エレクトリック・バンドⅡ」名義のオリジナルとは似ても似つかぬ“豹変ぶり”!

 なんたってエリック・マリエンサルからして大変身してしまっている。ジョン・パティトゥッチデイブ・ウェックルが加入すると,こんな感じに変わるんだ~。フランク・ギャンバレが大物になって帰ってきたんだな~。

 管理人の結論。『トゥ・ザ・スターズ・ツアー・エディション批評

 『トゥ・ザ・スターズ』本編はチック・コリア・ファンのための“コレクターズ・アイテム”であって,往年の「エレクトリック・バンド」ファンが買うべきアルバムではない。

 「エレクトリック・バンド」ファンが購入すべきは,断然『ツアー・エディション』!
 管理人は専らボーナスCDばかりを愛聴しています。『ツアー・エディション』は,往年の「エレクトリック・バンド」ファンにとっても「涙もの」の“コレクターズ・アイテム”ですよっ。

 
DISC 1
01. CHECK BLAST
02. Port View 1
03. MISTRESS LUCK – A PORTRAIT
04. MISTRESS LUCK – THE PARTY
05. Port View 2
06. JOHNNY’S LANDING
07. Port View 3
08. ALAN CORDAY
09. Port View 4
10. HOUND OF HEAVEN
11. Port View 5
12. THE LONG PASSAGE
13. Port View 6
14. JOCELYN – THE COMMANDER
15. Port View 7
16. CAPTAIN JOCELYN – A TRIBUTE BY HIS CREW
17. CAPTAIN JOCELYN – THE PIANIST

DISC 2 (Bonus CD)
01. CTA
02. ETERNAL CHILD
03. GOT A MATCH?
04. BLUE MILES

 
CHICK COREA ELEKTRIC BAND
CHICK COREA : Keyboards, Piano
FRANK GAMBALE : Guitar
ERIC MARIENTHAL : Sax
JOHN PATITUCCI : Bass
DAVE WECKL : Drums

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 2005年発売/UCCJ-9073)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/チック・コリア,小川隆夫)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました