ビル・エヴァンス / ポートレイト・イン・ジャズ / BLUE IN GREEN (TAKE 3)

4.5

『PORTRAIT IN JAZZ』の10曲目は【BLUE IN GREEN(TAKE 3)】(以下【ブルー・イン・グリーン(テイク3)】)。

 【ブルー・イン・グリーン(テイク3)】の“叙情性”にビル・エヴァンスの“らしさ”が溢れている。
 活字で伝えるのは難しいビル・エヴァンスの“らしさ”とは,ソフトな曲調であればあるほどマッチする,あのハリのある強靱なピアノ・タッチ! 一音必殺=ビビットなのに淡い色彩!

 そう。ビル・エヴァンスの奏でる“線”は,くっきりと極太で描かれているのだが,その色選びが常に薄めの寒色系=“幸薄そうな”雰囲気のブルー&マイナー! やはり“叙情性”と表現するのが簡潔で一番であろう。
 管理人にとって“酒場で聴く”ジャズメンの代表格こそ,ビル・エヴァンス“その人”なのだ。

 2分42秒から3分23秒までの“グイグイ”感情を押してくるピアノの中にビル・エヴァンスの“らしさ”がある!

 
BILL EVANS : Piano
SCOTT LaFARO : Bass
PAUL MOTIAN : Drums

PORTRAIT IN JAZZ-1
PORTRAIT IN JAZZ
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました