ブランフォード・マルサリス / モ’・ベター・ブルース

5.0

MUSIC FROM MO' BETTER BLUES-1 2005年6月,今旬な話題の一つに「若貴問題」「若貴騒動」がある。共に横綱として角界をリードしてきた兄弟の異変ぶりに,マスコミも大バッシングである。

 ところで,ジャズ界の若貴兄弟と言えば,ブランフォードウイントンマルサリス兄弟だろう。著名な父に弟子入りしたこと。兄の実力を認めつつもどちらかと言えば弟の陰に隠れがちなこと。出世も弟が早かった。そして仲むつまじかった兄弟のまさかの決裂…と,花田家とマルサリス家には多くの共通点がある。

 今回はマルサリス家の“おにいちゃん”こと,ブランフォード・マルサリスについてレヴューする。
 デビュー当初のブランフォード・マルサリスは,ウイントン・マルサリスと組んでメインストリート・ジャズの復権に大いに貢献した。

 しかしブランフォード・マルサリスの名を世に知らしめたのは「他流試合」(若乃花がスポーツキャスターへと転身したこととは無関係だが)である。それはつまりスティングとの共演であり,この『MUSIC FROM MO’ BETTER BLUES』(以下『モ’・ベター・ブルース』)での映画音楽である。

 若乃花もそうであるが,ブランフォード・マルサリスジャズの王道を踏み外したことは,個人的には残念でならない。
 というのも頑固なジャズ・ファンは,一度“売れ線”に手を染めた者は,その後よっぽどのジャズ・アルバムを制作しない限り“色物扱い”されるからである。
 すでに管理人もその影響にさらされてしまったのか,ブランフォード・マルサリスの代表作として“悲しいかな”『モ’・ベター・ブルース』を挙げざるを得ない。

 尤も『モ’・ベター・ブルース』は,2005年度を代表する最高レベルのジャズ・アルバムである。素晴らしい演奏内容の連続に,これが映画音楽として制作されたことを忘れさせてくれる「超名盤」である。
 ブランフォード・マルサリスの「本物感」と書いたら良いのか「サラブレット感」と書いたらよいのか,どこに出ようとも“隠すことのできない”ジャズメン気質が漲っている。
 異色盤の『モ’・ベター・ブルース』であるが,これはこれで洋楽方面や映画方面のファンを獲得した1枚として,後々高評価されるようになると思っている。

 さて,そんな『モ’・ベター・ブルース』は,テナーサックスソプラノサックスブランフォード・マルサリスピアノケニー・カークランドベースロバート・ハーストドラムジェフ・ティン・ワッツというブランフォード・マルサリスのレギュラー・カルテットに,トランペットテレンス・ブランチャードを加えたクインテット編成でのレコーディングである。

MUSIC FROM MO' BETTER BLUES-1 そう。ピンと来る人も多いと思うが,今回のブランフォード・マルサリス・クインテットは,ウイントン・マルサリスの代役にテレンス・ブランチャードを迎えた,旧ウイントン・マルサリス・クインテットそのものなのである。

 この辺りが実に興味深い! 特にテレンス・ブランチャードウイントン・マルサリスのライバル格としてデビューしたのだから,この辺りもまた若貴兄弟と相通じるものがあるのかもしれない。

 今回は「花田家のお家騒動」つながりで,マルサリス兄弟の“おにいちゃん”ブランフォード・マルサリスの,しかもジャズ・アルバムではなくサウンド・トラックを取り上げてみた。

 かなりの変化球であることは承知しているが,時流に乗っかるのがブログの強みだろうし,軽やかなスタイルもジャズっぽいので“良し”としたが,いかがなものか?
 読者の反応がちょっぴり気になる小心者の管理人である。

 
01. HARLEM BLUES
02. SAY HEY
03. KNOCKED OUT THE BOX
04. AGAIN NEVER
05. MO’ BETTER BLUES
06. POP TOP 40
07. BENEATH THE UNDERDOG
08. JAZZ THING
09. HARLEM BLUES (Acapulco Version)

 
BRANFORD MARSARIS : Tenor Saxophone, Soprano Saxophone
KENNY KIRKLAND : Piano
ROBERT HURST : Bass
JEFF ‘TAIN’ WATTS : Drums
TERENCE BLANCHARD : Trumpet

CYNDA WILLIAMS : Vocal
GANGSTARR : Vocals
DENZEL WASHINGTON : Vocal
WESLEY SNIPES : Vocal
MARK LEDFORD : Background Vocals
TAWATHA AGEE : Background Vocals
B.DAVID WHITWORTH : Background Vocals
BROOKLYN CROOKS(TOMMY HILL, SWEET D., G-MANN, BORN TRUE, KIWI) : Chorus
PETER HUNSTEIN : Programming, Sequencing, Sampling

(CBSソニー/CBS/SONY 1990年発売/CSCS 5358)
(ライナーノーツ/小川隆夫)
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました