CD批評:アート・ペッパー

CD批評:アート・ペッパー

アート・ペッパー / ペッパー・ジャム / BLUE’S BLUES

『PEPPER JAM』の3曲目は【BLUE’S BLUES】(以下【ブルース・ブルース】)。  【ブルース・ブルース】の入りは「ホッと一息」的な柔らかい演奏でブルース形式でのセッションだと思って聴き始める人が多いと予想する。 ...
0
CD批評:アート・ペッパー

アート・ペッパー / ペッパー・ジャム / OVER THE RAINBOW

『PEPPER JAM』の2曲目は【OVER THE RAINBOW】(以下【虹の彼方に】)。  【虹の彼方に】でのアート・ペッパーが力強い。強い精神性を感じてしまう。うん。説得力が増し加わっている。「黙ってこの名曲を聴いてみろ」と言...
0
CD批評:アート・ペッパー

アート・ペッパー / ペッパー・ジャム / MILESTONES

『PEPPER JAM』の1曲目は【MILESTONES】(以下【マイルストーンズ】)。  【マイルストーンズ】の異次元の音世界に入ってしまうと,誰のどのアドリブがどうのこうのは関係ない。モノラル録音特有の“ブレンド”された音の大洪水...
0
CD批評:アート・ペッパー

アート・ペッパー / ペッパー・ジャム

 “ウエスト・コースト最高の”いいや“白人最高の”アルト・サックス奏者の呼び声高きアート・ペッパーであるが,その誉れ高い称号は概して1950年代=所謂“前期”の演奏を指してのもの。  麻薬中毒にあえぎ投獄と療養に費やした60年代を挟み,7...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました