CD批評:ジャック・ルーシェ

CD批評:ジャック・ルーシェ

ジャック・ルーシェ / プレイ・バッハ / MINUET IN G MAJOR

『PLAYS BACH DISC 2』の2曲目は【MINUET IN G MAJOR】(以下【メヌエット ト長調】)。  メルヘンチックな【メヌエット ト長調】は,オルガン・ジャズならぬオルゴール・ジャズである。ピアノの鍵盤の響きがオ...
0
CD批評:ジャック・ルーシェ

ジャック・ルーシェ / プレイ・バッハ / GAVOTTE

『PLAYS BACH DISC 2』の1曲目は【GAVOTTE】(以下【ガボット】)。  【ガボット】の場合,イントロ一発で決まりである。このゾクゾクするイントロって,ジャズメンがいつも使っている例のアレじゃねぇ?  【ガボット】...
0
CD批評:ジャック・ルーシェ

ジャック・ルーシェ / プレイ・バッハ / AIR ON THE G STRING

『PLAYS BACH DISC 1』の2曲目は【AIR ON THE G STRING】(以下【G線上のアリア】)。  「ジャズとクラシックの融合」の“お手本”的なトラックが【G線上のアリア】である。  【G線上のアリア】の美...
0
CD批評:ジャック・ルーシェ

ジャック・ルーシェ / プレイ・バッハ / TOCCATA AND FUGA IN D MINOR

『PLAYS BACH DISC 1』の1曲目は【TOCCATA AND FUGA IN D MINOR】(以下【トッカータとフーガ ニ短調】)。  恐らく,全日本国民が【トッカータとフーガ ニ短調】を聴いてイメージするのはクラシック...
0
CD批評:ジャック・ルーシェ

ジャック・ルーシェ / プレイ・バッハ

 「ジャズとクラシックの融合」。この永遠のテーマを最初に実現させたのが,クラシック畑育ちの“ジャズ・ピアニスト”ジャック・ルーシェであろう。  ジャック・ルーシェと来れば『PLAYS BACH』(以下『プレイ・バッハ』)である。  ...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました