CD批評:キース・ジャレット

CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY III

『TALES OF ANOTHER』の6曲目は【TRILOGY Ⅲ】(以下【トリロジーⅢ】)。  【トリロジーⅢ】を朝一の“寝ボケ眼”で聴く。一時期,それが管理人の出勤前の習慣であった。あの脳を叩き起こす“ガツン”とかますインパクト!...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY II

『TALES OF ANOTHER』の5曲目は【TRILOGY Ⅱ】(以下【トリロジーⅡ】)。  【トリロジーⅡ】は,とにもかくにもキース・ジャレットである。突出したキース・ジャレットの“独り舞台”に歪んだピアノ・トリオの主従関係が浮...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TRILOGY I

『TALES OF ANOTHER』の4曲目は【TRILOGY Ⅰ】(以下【トリロジーⅠ】)。  【トリロジーⅠ】に,ゲイリー・ピーコックが『テイルズ・オブ・アナザー』で“狙った”コンセプトが如実に表現されている。ゲイリー・ピーコック...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / MAJOR MAJOR

『TALES OF ANOTHER』の3曲目は【MAJOR MAJOR】(以下【メイジャー・メイジャー】)。  【メイジャー・メイジャー】こそ,キース・ジャレット・トリオによるフリー・インプロヴィゼーションのようなインタープレイの“象...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / TONE FIELD

『TALES OF ANOTHER』の2曲目は【TONE FIELD】(以下【トーン・フィールド】)。  【トーン・フィールド】には気をつけろ! まだ大丈夫,と思っていると,気付けばいつのまにか,それは深い,スタンダーズ・トリオの“樹...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー / VIGNETTE

『TALES OF ANOTHER』の1曲目は【VIGNETTE】(以下【ヴィネット】)。  【ヴィネット】を聴いてイメージするのは“嵐の前の静けさ”である。いや,ジャック・デジョネットの叩き出すパーカッションが,すでに暴風雨を予感さ...
0
CD批評:ゲイリー・ピーコック

ゲイリー・ピーコック,キース・ジャレット,ジャック・ディジョネット / テイルズ・オブ・アナザー

 耳が悪すぎるのか? それともジャズが全く分かっていないのか? 「現代ピアノ・トリオの最高峰」キース・ジャレット・トリオを揶揄する人々がいる。  それらアンチが発するダメ出しの常套句の一つが「ベースがヘボイ」である。「これでベースがエディ...
0
CD批評:キース・ジャレット

キース・ジャレット / ソロ・コンサート / LAUSANNE, MARCH 20, 1973 PART I/II

『SOLO CONCERTS DISC 2』の1曲目は【LAUSANNE, MARCH 20, 1973 PART Ⅰ/Ⅱ】(以下【ローザンヌ・コンサート<パートⅠ/Ⅱ>】)。  《 キース・ジャレットの「完全即興」は,管理人の“ジャ...
0
CD批評:キース・ジャレット

キース・ジャレット / ソロ・コンサート / BREMEN, JULY 12, 1973 PART II

『SOLO CONCERTS DISC 1』の2曲目は【BREMEN, JULY 12, 1973 PART Ⅱ】(以下【ブレーメン・コンサート<パートⅡ>】)。  《 キース・ジャレットの「完全即興」は,管理人の“ジャズ/フュージョ...
0
CD批評:キース・ジャレット

キース・ジャレット / ソロ・コンサート / BREMEN, JULY 12, 1973 PART I

『SOLO CONCERTS DISC 1』の1曲目は【BREMEN, JULY 12, 1973 PART Ⅰ】(以下【ブレーメン・コンサート<パートⅠ>】)。  《 キース・ジャレットの「完全即興」は,管理人の“ジャズ/フュージョ...
0
CD批評:キース・ジャレット

キース・ジャレット / ソロ・コンサート

 2006年を迎えた。特に感慨はない。1月1日も12月31日の翌日に過ぎない,と思っている“しょうもない”男なのである。  新年を迎えるに当たって準備することと言えばカレンダーの掛け替えぐらい。毎年アイドル・カレンダーを誰にしようかと思い...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました