CD批評:ラリー・ヤング

CD批評:ラリー・ヤング

ラリー・ヤング / イントゥ・サムシン / PARIS EYES

『INTO SOMETHIN’』の3曲目は【PARIS EYES】(以下【パリス・アイズ】)。  真っ白な譜面に,オルガン・ジャズの新色のインクで書き上げた【パリス・アイズ】こそがラリー・ヤングのオルガン・ジャズの真骨頂!  ズバリ...
0
CD批評:ラリー・ヤング

ラリー・ヤング / イントゥ・サムシン / PLAZA DE TOROS

『INTO SOMETHIN’』の2曲目は【PLAZA DE TOROS】(以下【プラザ・デ・トロス】)。  【プラザ・デ・トロス】は『INTO SOMETHIN’』唯一の異色作。強烈なシンコペーションが飛び交うノリノリのラテン・ジャ...
0
CD批評:ラリー・ヤング

ラリー・ヤング / イントゥ・サムシン / TYRONE

『INTO SOMETHIN’』の1曲目は【TYRON】(以下【タイロン】)。  管理人は【タイロン】にドハマりしたことがあって,つい最近も【タイロン】ばかりを延々と連続再生したばかりある。個人的に「旬な一曲」が【タイロン】である。 ...
0
CD批評:ラリー・ヤング

ラリー・ヤング / イントゥ・サムシン

 独自の音楽性を磨き続ける探究心で「ジャズ界で最も影響力のあるミュージシャン」と語られたジョン・コルトレーン。そんなジョン・コルトレーンなのだから,テナー・サックスだけではなくアルト・サックスだけでもなく,他の楽器を演奏するジャズメンにまで...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました