CD批評:ウィル・リー

CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH! / MY FUNNY VALENTINE

『OH!』の11曲目は【MY FUNNY VALENTINE】(以下【マイ・ファニー・ヴァレンタイン】)。  有名ジャズ・スタンダードの【マイ・ファニー・ヴァレンタイン】が素晴らしい。  チェット・ベイカーの退廃的な演奏とは真逆のア...
0
CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH! / I CAME TO PLAY

『OH!』の8曲目は【I CAME TO PLAY】(以下【アイ・ケイム・トゥ・プレイ】)。  長年のウィル・リー・ファンがソロ・アルバムで期待していた演奏が実現したのが【アイ・ケイム・トゥ・プレイ】だろうと思う。  それくらいに,...
0
CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH! / I KNOW TOO MUCH(ABOUT SADNESS)

『OH!』の4曲目は【I KNOW TOO MUCH(ABOUT SADNESS)】(以下【アイ・ノウ・トゥー・マッチ・アバウト・サッドネス】)。  ウィル・リーとは基本セッション・ベーシストなのだから【アイ・ノウ・トゥー・マッチ・ア...
0
CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH! / GEORGY PORGY

『OH!』の2曲目は【GEORGY PORGY】(以下【ジョージー・ポージー】)。  『OH!』は全体的に「TOTO」を意識したアルバムだと思うのだが,そう思う理由は【ジョージー・ポージー】のカヴァーの存在が大きいと思う。  ウ...
0
CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH! / MARYANNE

『OH!』の1曲目は【MARYANNE】(以下【マリアン】)。  【マリアン】は,打ち込みによるループと乾いた生ドラムに,ウィル・リーの重厚なベースがグルーヴするメロウなAOR系。  ウィル・リーの溌剌とした「甘いヴォーカル」がメロ...
0
CD批評:ウィル・リー

ウィル・リー / OH!

 「自分のしたいことと他人から求められることは違う」。ウィル・リーの『OH!』はそんなアルバムである。  世界的なセッション・ベーシストであるウィル・リーの“本気のベース・プレイ”を聴いてみたい! そう思って購入した『OH!』は,ベー...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました