PAUL CHAMBERS

CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / SMILE

『DEXTER CALLING...』の7曲目は【SMILE】(以下【スマイル】)。  喜劇王チャーリー・チャップリンの名バラード【スマイル】であるが,ジャズ界のロング・トール王=デクスター・ゴードンは,成功へのバラードの歩みを捨て,...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / ERNIE’S TUNE

『DEXTER CALLING...』の6曲目は【ERNIE’S TUNE】(以下【アーニーズ・チューン】)。  【アーニーズ・チューン】では,デクスター・ゴードンの中に住む「天使(アルト・サックス)と悪魔(テナー・サックス)」が同時...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / CLEAR THE DEX

『DEXTER CALLING...』の5曲目は【CLEAR THE DEX】(以下【クリア・ザ・デックス】)。  【クリア・ザ・デックス】は,タイトル通りの「デクスター・ゴードンの魅力“剥き出し”」ナンバー。後乗り+デックス節の大炸...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / THE END OF A LOVE AFFAIR

『DEXTER CALLING...』の4曲目は【THE END OF A LOVE AFFAIR】(以下【情事の終わり】)。  ミディアム・テンポでスインギーな【情事の終わり】に,不適切な関係の後ろめたさは感じない。切れそうで切れな...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / I WANT MORE

『DEXTER CALLING...』の3曲目は【I WANT MORE】(以下【アイ・ウォント・モア】)。  これぞ「後乗りのデックス」の真骨頂! 【アイ・ウォント・モア】には,4人の細やかな“決まり事”が見え隠れするが,デクスター...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / MODAL MOOD

『DEXTER CALLING...』の2曲目は【MODAL MOOD】(以下【モーダル・ムード】)。  【モーダル・ムード】のタイトル通り,モード・イディオムを用いてはいるが,その中身はムードだけが“モード風”のハード・バップである...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング / SOUL SISTER

『DEXTER CALLING...』の1曲目は【SOUL SISTER】(以下【ソウル・シスター】)。  【ソウル・シスター】を聴くと,いつでも身体に電流が流れる思いがする。熱演ではない。小粋なブルースである。しかしだからこそ“しび...
0
CD批評:デクスター・ゴードン

デクスター・ゴードン / デクスター・コーリング

 師走。歳末。流行語大賞の発表である。  2005年の流行語として「ちょいモテオヤジ」が選ばれた。「ちょいモテ」って,本当に流行っているのか? 「ちょい不良(ワル)」のような気がするが…。  「ちょいモテ」「ちょい不良(ワル)」の真...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / WHAT’S NEW

『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の5曲目は【WHAT’S NEW】(以下【ホワッツ・ニュー】)。  【ホワッツ・ニュー】の名演は多いが,そこは有名ボーカル・ナンバー! トランペット,サックス,ピアノの名演がずらりと...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / FOUR ON SIX

『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の4曲目は【FOUR ON SIX】(以下【フォー・オン・シックス】)。  【フォー・オン・シックス】は,軽快なリズムに乗せて耳馴染みのテーマが延々と変化を見せるナンバー。ついつい乗...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / UNIT 7

『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の3曲目は【UNIT 7】(以下【ユニット・セヴン】)。  【ユニット・セヴン】の“キレ”と“ノリ”は「特A級」の感動品! ウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法が,一人カウンターの一...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / IF YOU COULD SEE ME NOW

『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の2曲目は【IF YOU COULD SEE ME NOW】(以下【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】)。  【イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ】は,極上バラード! このロマ...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー / NO BLUES

『SMOKIN’ AT THE HALF NOTE』の1曲目は【NO BLUES】(以下【ノー・ブルース】)。  【ノー・ブルース】こそ,ジャズ・ギターの金字塔! このトラックを聴いてジャズ・ギターに目覚めた人もいれば「もう手が出ない...
0
CD批評:ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリー&ウィントン・ケリー / ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウイントン・ケリー

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(映画)の中で,主人公がエレキ・ギターをライトハンドかなんかで弾き鳴らし,きょとんとした聴衆の反応に「まだ早かったか」みたいなヒトコマがある(あるはずでは? 映画は詳しくないので間違っていたら読み流してく...
0
CD批評:リー・モーガン

リー・モーガン / ヒアズ・リー・モーガン / BESS

『HERE’S LEE MORGAN』の6曲目は【BESS】(以下【ベス】)。  【ベス】は,リー・モーガンの異色作である。とにかく楽しいハード・バップであり,軽快&快調な演奏が素晴らしい。  リー・モーガンのミュート・トランペット...
0
セラビーをフォローする
タイトルとURLをコピーしました