CD批評:バド・パウエル

バド・パウエル / ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル / HALLELUJAH

『THE GENIUS OF BUD POWELL』の4曲目は【HALLELUJAH】(以下【ハレルヤ】)。  聖書で【ハレルヤ】とは「あなた方はヤハを賛美せよ」という意味の,全宇宙の創造者への賛美の表現である。  ここでバド・パウ...
0
CD批評:バド・パウエル

バド・パウエル / ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル / TEA FOR TWO(ALTERNATE TAKE 2)

『THE GENIUS OF BUD POWELL』の3曲目は【TEA FOR TWO(ALTERNATE TAKE)】(以下【ティー・フォー・トゥー(別テイク)】)。  こう立て続けに【ティー・フォー・トゥー】を聴かされると,たとえ...
0
CD批評:バド・パウエル

バド・パウエル / ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル / TEA FOR TWO

『THE GENIUS OF BUD POWELL』の2曲目は【TEA FOR TWO】(以下【ティー・フォー・トゥー】)。  【ティ・フォー・トゥー】はピアノ・トリオでの演奏であるが,実質ベースとドラムは“お飾り”である。  ベー...
0
CD批評:バド・パウエル

バド・パウエル / ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル / TEA FOR TWO(ALTERNATE TAKE)

『THE GENIUS OF BUD POWELL』の1曲目は【TEA FOR TWO(ALTERNATE TAKE)】(以下【ティー・フォー・トゥー(別テイク)】)。  【ティー・フォー・トゥー(別テイク)】の淀みなく流れ続ける“超...
0
CD批評:バド・パウエル

バド・パウエル / ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル

 管理人にとっての“高嶺の花”,それは小林香織でも矢野沙織でも,はたまたミキティーでも石原さとみでも長澤まさみでもなく…。  うさんくさい・ブ男“狂気の天才”バド・パウエルその人である。  “パウエル派”の創始者であるバド・パウエル...
0
CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / MOBLEYMANIA

『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の4曲目は【MOBLEYMANIA】(以下【モブレーマニア】)。  凡庸な演奏の【モブレーマニア】に「よくぞこんなタイトルを付けてくれた」である...
0
CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / BARREL OF FUNK

『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の3曲目は【BARREL OF FUNK】(以下【バレル・オブ・ファンク】)。  【バレル・オブ・ファンク】の聴き所とはホレス・シルヴァー「一択...
0
CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / DOUBLE WHAMMY

『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の2曲目は【DOUBLE WHAMMY】(以下【ダブル・ワミー】)。  【ダブル・ワミー】は,キャッチーなテーマを持ってはいるが,活発なリズムが...
0
CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット / TOUCH AND GO

『HANK MOBLEY WITH DONALD BYRD AND LEE MORGAN』の1曲目は【TOUCH AND GO】(以下【タッチ・アンド・ゴー】)。  イントロの華やかな“ファンファーレ”が【タッチ・アンド・ゴー】のゴー...
0
CD批評:ハンク・モブレー

ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・セクステット

 ハンク・モブレーは“お人好し”である。こう書くと,首を縦に振る人がいることは分かっている。  首を縦に振る人の多くはハンク・モブレーの代表作『ソウル・ステーション』の愛聴家であろう。ソフトで控え目で繊細で心温まる“アンニュイ”なハンク・...
0
CD批評:ジョン・スコフィールド

メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド / アウト・ラウダー / CACHACA – LIVE

『OUT LOUDER DISC 2』の2曲目は【CACHACA - LIVE】(以下【カシャサ】)。  【カシャサ】の主役は“キョンシー”と化したジョン・メデスキのオルガンであるが,ジョン・スコフィールドの「追っかけ」としては,メロ...
0
CD批評:ジョン・スコフィールド

メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド / アウト・ラウダー / A GO GO – LIVE

『OUT LOUDER DISC 2』の1曲目は【A GO GO - LIVE】(以下【ア・ゴー・ゴー】)。  ジャム・バンドとは則ちライブ・バンドである。ジャム・バンドの評価とは則ちライブの出来である。  『実況演奏録音盤』を名乗...
0
CD批評:ジョン・スコフィールド

メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド / アウト・ラウダー / CACHACA

『OUT LOUDER DISC 1』の6曲目は【CACHACA】(以下【カシャサ】)。    【カシャサ】は,暗く重いリズム隊を切り裂くジョン・スコフィールドのギターと,妖艶に宙を舞う“キョンシー”と化したジョン・メデスキのオルガンと...
0
CD批評:ジョン・スコフィールド

メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド / アウト・ラウダー / TOOTIE MA IS A BIG FINE THING

『OUT LOUDER DISC 1』の5曲目は【TOOTIE MA IS A BIG FINE THING】(以下【トゥーティー・マ・イズ・ア・ビッグ・ファイン・シング】)。    【トゥーティー・マ・イズ・ア・ビッグ・ファイン・シン...
0
CD批評:ジョン・スコフィールド

メデスキ,スコフィールド,マーチン&ウッド / アウト・ラウダー / TEQUILA AND CHOCOLATE

『OUT LOUDER DISC 1』の4曲目は【TEQUILA AND CHOCOLATE】(以下【テキーラ・アンド・チョコレート】)。    【テキーラ・アンド・チョコレート】のタイトルが実にふさわしい! 【テキーラ・アンド・チョコ...
0
タイトルとURLをコピーしました