中洲ジャズ2021 2日目 / 石原顕三郎,鬼塚康輔,青木カレン,石橋凌,梅津和時,林正樹,バカボン鈴木,江藤良人,SHIHO,K,柴田敏孝

 行ってきませんでした! 中洲ジャズ2021! 2日目! 11/28にJR九州ホールからオンライン無料配信された『鬼塚康輔 WITH 石原顕三郎,青木カレン,石橋凌 WITH JAZZY SOUL,SHIHO FEATURING K』の4ステージ!

 2021年の中洲ジャズは,ほぼ中止確定であった。毎年9月に開催されるので9月前後にHPを見てみたが「今年は開催できない」旨の案内文が載っていた(はず)。
 なので,頭の中から中洲ジャズの存在が消えていた時に,友人から「中洲ジャズ決まったね」と聞いた時には,驚きと喜びと不信感が2倍 → 速攻でKBCのHPで開催を確認した次第。

 なので,中洲ジャズ2021は,急きょ決まった感アリアリのラインナップ。歌ものに偏った中洲ジャズ2021は「中洲ミュージック・フェスティバル」に改名した方がよろしい。だから個人的には中洲ジャズ2021は未開催のままである。
 関係者の多大な苦労があっての無料開催なので感謝の言葉しかないのだが,手放しでは喜べない。イベントの方向性がジャズではなくなってしまった。ヴォーカルであってインストではなくなってしまった。

 その象徴がインスト代表の鬼塚康輔のステージングである。ゲスト・ヴォーカルである石原顕三郎のために多くの時間を譲ったことに表われている。鬼塚康輔ソロが目立たない。一昨年のステージを見て「これは!」と思った人だったのに…。

 青木カレンは素晴らしかった。SHIHOは素晴らしかった。は素晴らしかった。スペシャルMCの友近も素晴らしかった。
 考えようによっては,こんなにも“ジャズヴォーカル三昧”なジャズフェスティバルが1つや2つあってもいい。だから来年も「中洲ミュージック・フェスティバル2022」の形でもいいので開催をお願いしたい。悪く書いたのに調子良くてどうもすみません。

 さて,中洲ジャズ2021のハイライトは「石橋凌 WITH JAZZY SOUL」→「梅津和時林正樹バカボン鈴木江藤良人 WITH 石橋凌」!

 全く期待していなかった石橋凌のバックバンドが素晴らしすぎて&凄すぎてウォッホー! ナベサダ・クラスが率いるであろう超一流のバックバンドが縦横無尽にやりたい放題! それにしてもこんなメンバーがよくぞ集まったものだ。石橋凌って,そんなに凄かったのか?
 本当は歌が主役のはずであるが,歌が終わった間奏の時間が一番の聴き所であり,名手4人のガチンコ・アドリブ・タイムが演奏者の手を離れて,あたかも自らの意志を持った生き物のように動いている。

 音楽って本当に素晴らしい。ジャズって本当に素晴らしい。カモーン,中洲ジャズ2022

A Vocalist
A Vocalist
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました