20130511 櫻井哲夫 LIVE 『『TALKING BASS』SOLO LIVE~SAILING ALONE TOUR』 NO.1

 行ってきました! 5/11「ゲイツ7」の「櫻井哲夫『TALKING BASS』ソロライブ ~SAILING ALONE TOUR~」!

 櫻井哲夫エレクトリック・ベースを,ただただ静かに“嗜む”ライブ。あんなに広い空間にエレクトリック・ベースだけが響く瞬間の幸福感。
 櫻井さんの“超絶”チョッパーをガン見しつつ,なぜだか気分フワフワなライブ。“超絶”チョッパーを見に行ったはずなのに,途中からハイテク・プレイなどどうでもよくなってしまった。櫻井さんのベースから管理人の昔の思い出が聴こえてきた。

 集中しないといけないのにトリップしてしまった。座席は最前列の中央左から(3卓目)ド真ん中。だって入場順1番なんだもん。
 これは気合いを入れすぎた反動なのか? ず~っと思いは上の空。目は櫻井さん,耳はエレクトリック・ベース,なのに頭の中はセピア色。ご一緒していただいたTKY子さん,ボンヤリしてしまいごめんなさい。← ボンヤリはいつものことでしたねっ。

 ボンヤリついでに,ズバリ,今回のLIVEレポートのハイライトから書いちゃいます。himebowさんなら分かると思います=櫻井哲夫がトッキーさんアゲイン! ステージからの“プチ乱入”があって50cmの至近距離での生チョッパーですよ。
 一瞬の出来事で(10秒間?)櫻井さんの顔を見るかフィンガー・テクを見るか迷っているうちにステージに戻られてしまいました。多分,これが集中できなくなったフワフワ感の主な要因なんでしょうけどね~。

 もう1つのハイライトはサイン会だったのですがこちらは意識ハッキリ。明日の記事でモノをお見せします。恒例の?ファッション・チェックですが,櫻井哲夫の装いは白シャツに緑の柄もの+ダメージ加工のジーンズ+黒革のシングル・モンク・ストラップ。ワイルドな上品コーデが“ジェントルマン”していましたよっ。

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ☆ 荒木 麻衣 : Vocal
 ★ 内野 公二 : Guitar,Vocal
 ☆ 藤井 雅和 : Alto Saxophone
 ☆ 馬場 早苗 : Keyboard
 ☆ GIGI : Bass
 ☆ 中村 拓洋 : Drums

 ★ 櫻井 哲夫 : Bass

 おいおい。櫻井哲夫ソロライブじゃなかったのですか? そうなんです。前座と一蹴するには素晴らしすぎた「CLOUD 9」の1時間ライブ付き。
 うひょ~。やっぱりライブで見ると違いますね。アダルト・チーム3人とヤング・チーム3人のフュージョン版V6はアダルト・チームの貫録勝ちだが,ヴォーカリスト荒木麻衣さん。今後のブレイクは運次第。荒木麻衣さんによいプロモーターとの出会いがありますように。

 そして「CLOUD 9」のラストに登場=櫻井哲夫が千両役者。櫻井哲夫1人が加わっただけでこんなにも演奏が変わるのかっ! オーラ・バリバリで格の違いを見せつける! 櫻井哲夫のオープニングアクト=「CLOUD 9」の皆さんに拍手を!

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。


OPENING ACT:≪ CLOUD 9 ≫
01.FREE
02.SKY ISLAND
03.HEARTS
04.( 不明 )
05.LOVIN’ YOU
06.BLUES FOR TONY
07.HOLD ON
08.I REMEMBER SKY
09.I’LL STILL BE LOOKING UP TO YOU

1stセット:≪ 櫻井哲夫+CLOUD 9 ≫
10.I WISH

 

ジェントル・ハーツ・ツアー 2004
ジェントル・ハーツ・ツアー 2004
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました