20170723 CASIOPEA 3RD 『VESTIGE TOUR 2017』 LIVE NO.2

 「CASIOPEA 3rd “VESTIGE SUMMER TOUR 2017”」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 ニュー・アルバムなしなのだから,その分「オール・ヒット・ソング集」になると予想していた「VESTIGE TOUR」のセットリストが凄い!
 フタを開けたら『VESTIGE』に入らなかった【EYES OF THE MIND】【GALACTIC FUNK】【DOMINO LINE】【TOKIMEKI】の往年のファン目線の名曲がズラリ!

( って言うか『VESTIGE』は野呂一生が1人でセレクションしたはずなのに??の選曲だと思っています )

 「VESTIGE TOUR」のセットリストについて3つ,4つ注文するとナルチョ曲は【AKAPPACHI-ISM】だし,神保曲は【MID-MANHATTAN】だし,バラードなしとは有り得ないし,ラストが【TAKE ME】だったのはやっぱり不満かなぁ。
 でもそれだけカシオペアには管理人好みの名曲が多いってことなのです! 野呂さんからのご褒美に満足しなければ~!

 そういうことで管理人の結論。「VESTIGE TOUR批評

 カシオペアには1期も2期も3期もない。「カシオペアは40年間カシオペアであり続けていた」ということを再認識させられた。
 野呂一生のエフェクターが今回のツアーから新しくなったとのことだったが,1人のベーシスト桜井から鳴瀬に改名しても,1人のキーボード・プレイヤーが男性から女性に性転換しても「カシオペアは40年間カシオペアであり続けていた」。素晴らしい。

 そんな“カシオペア魂”を守るために奮闘する「リーダーにして唯一のオリジナル・メンバー」が野呂一生である。野呂一生が“大汗からの汗だっくだく”でタオル拭き拭きフュージョンギターを弾きまくる~。

 “カシオペア魂”を守るために奮闘するのは,一番新しいカシオペアのレギュラー・メンバー=大高清美も同じであって,大高さん,長めのオルガンソロの途中で指ツッタ~!

 “カシオペア魂”を守るために安いギャラで奮闘するのがナルチョである。1曲にコードが40個もある。音符の数が多い「薄利多売」のベーシストは音符1個2円いかない~。

 “カシオペア魂”を守るために全力でサポートするのが神保彰である。全曲カウントからのドラムソロ状態だし「FLASH!」の声張りすぎて声が出なくなった様子。
 それにしても神保さん,ナルチョに呼び込まれて初めてステージ前まで出てMCしてくれましたが,相当身長が高いです。初めて知りました。
 そして相変わらずの営業上手。『VESTIGE』と同日発売「ISSEI NORO INSPIRITS」のニュー・アルバム『TURNING』も売り込んでいました。ドラム神保彰~。

 「CASIOPEA 3rd “VESTIGE SUMMER TOUR 2017”」のハイライトはバラードなしの直球勝負!
 「夏よりも熱い!」カシオペア40年目の「夏」こそが日本の「夏」!

PS 1曲の演奏が濃すぎるのに2時間ガンガン弾きっぱなしでは後半バテバテでも仕方がありません。アンコールは【TAKE ME】ぐらいしか演奏できる体力が残っていなかった?

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。


15.KEYBOARDS SOLO
16.LIFE LINE
17.DRUMS SOLO
18.BASS SOLO
19.TOKIMEKI
20.ASAYAKE

アンコール 1回目:
21.CATCH THE WIND

アンコール 2回目:
22.TAKE ME

 

ULTIMATE BEST~Early Alfa Years
ULTIMATE BEST~Early Alfa Years
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました