20191217 上原ひろみ LIVE 『上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 SPECTRUM』 NO.1

 行ってきました! 12/17「福岡シンフォニーホール」の「上原ひろみ JAPAN TOUR 2019“SPECTRUM”」!

 “J-ジャズ界の2枚看板”山中千尋は見たことがあるが上原ひろみは見たことがない。是非一度と思いつつ,毎年気付いたら機会を逸してきたのだが,今年は縁あってプラチナ・チケットをGET。しかも2枚。結婚後6回目となるtomorinchanと揃ってのコンサート参戦がうれしい。
 座席番号は14列27,28番。前列であっても左側だと全く見えない上原ひろみの表情がバッチリ見えた。いい席を譲ってくれてありがとうございました。

 コンサートの前日まではこんな感想など抱いていなかった。正直,上原ひろみを見るのならソロ・ピアノではなくトリオ・プロジェクトが見たい。もう見れないかもしれないけど…。

 もう一つは『SPECTRUM』の不作である。前々から上原ひろみにはアルバム毎に出来不出来のバラツキがあった。上原ひろみの特徴とは“伸るか反るか”であって,平均点の『SPECTRUM』はすぐに聴き飽きてしまった。
 これが『PLACE TO BE』だったら話は別なのになぁ。

 そんな不安を抱えたまま,そして特段の期待もせずに今回のライブに臨んだ。もう一つ,前日に先週買ったキース・ジャレットの『MUNICH 2016』の影響もある。『MUNICH 2016』の極上のインプロヴィゼーション。『MUNICH 2016』の極上のスタンダード
 初・上原ひろみライブ前日だというのに【OVER THE RAINBOW】にしびれまくってしまったのだ。あ~あっ,上原ひろみキース・ジャレットに敵うはずもない。こんなんで「SPECTRUM TOUR」へのテンションが上がるわけもない…。

 …というのは全てコンサートを見る前のネガティブな感想の備忘録である。この感想がコンサートを見た後に一変してしまうのだから上原ひろみの“天才ぶり”と来たらもう凄すぎる…。

 さて,まずは恒例のメンバー紹介から…

 ★ 上原 ひろみ : Piano

 「福岡シンフォニーホール」の広々としたステージに生ピアノが1台のみ。初めて見る上原ひろみが本当に小さい。小顔でキュートでチャーミングな容姿からは「パルコ」は伊達じゃない印象。
 1st,2nd,アンコールと3度も衣装替えをした,お洒落でかわいい音楽少女でした。

 コンサートの前半戦は,PAなしの生ピアノ1台だしクラシックぽい&芸術っぽい印象でして,不覚にも途中でウトウトしてしまった。でもそれぐらい気持ちいい音楽だったってことで~。
 でもその実,生ピアノ1台とはにわかに信じられないくらいの音粒&音数。冒頭の【KALEIDOSCOPE】では,リズム・トラックを流しながらピアノを弾いているのかと思ったくらい。それ位にステージからたくさんの美音が降ってくる感覚に脳がついていけない。

 管理人と同じく『SPECTRUM』を駄盤と感じている読者の皆さん。『SPECTRUM』の低評価を変えるつもりはないが,上原ひろみにとって『SPECTRUM』は1枚の通過点に過ぎない。
 レコーディングの時点から『SPECTRUM』の楽曲群が深化している。複雑な色彩を身にまとっている。

 そうして『SPECTRUM』のモチーフを奏でる上原ひろみ自身もスタジオとライブでは別人である。
 きっと上原ひろみの中では,スタジオとライブは完全に別物,という意識があるように思うし“旅人”であるがゆえにライブでの自分こそが本来の自分という意識があるようにも思う。

 個人的にはツアーも終盤になり,毎日自分の自作曲を繰り返し同じ曲順で演奏していて,本人は飽きが来ないのかなぁ,と疑問を抱いていた。でもコンサートを見てそんな心配など杞憂に終わった。
 上原ひろみの楽曲はレコーディング時点ではまだ幼子。磨けば光る。演奏する度に楽曲が成長し発展する。毎日演奏するのが面白くてたまらないんだろうなぁ。
 【YELLOW WURLITZER BLUES】の演奏終わりに飛び出したガッツポーズ。快心の演奏だったのでしょうねっ。

 上原ひろみは,いい趣味&いい人生を送っています。上原ひろみは現在40歳。上原ひろみの真価はまだまだこれからだと思います。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ前半のセットリストを報告しておきます。

SPECTRUM-1
SPECTRUM
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

—————————————————————————————————————————–

1stセット:
01.KALEIDOSCOPE
02.YELLOW WURLITZER BLUES
03.WHITEOUT
04.MR.C.C.
05.BLACKBIRD
06.SPECTRUM

コメント

タイトルとURLをコピーしました