20200723 T-SQUARE LIVE 『2020 LIVE STREAMING CONCERT ”AI FACTORY”』 NO.2

 「2020 LIVE STREAMING CONCERT“AI FACTORY”~音と映像の融合ファクトリー~」! LIVEレポート2日目の今夜はステージング編です。

 とにかく映像が素晴らしいかった。一発勝負のLIVEなのに,リハーサルを繰り返してきたとは言え,そのまま映像商品化OKなレベル。
 とにかく音響が素晴らしいかった。メンバー6人の音が全部綺麗にバランス良く聞こえる。ミキサーさんとPAさんのプロ中のプロの大仕事。こちらもそのままCD化OKなレベル。
 「音と映像の融合ファクトリー」と題されたサブタイトル通りの「TV SHOW」!

 そう。安藤正容は“TVスター”,伊東たけしは“TVスター”,河野啓三は“TVスター”,坂東慧は“TVスター”,田中晋吾は“TVスター”,白井アキトは“TVスター”。T-スクェアとは“TVスター”!

 クレーンが上空でカメラを担ぎ,ドローンが飛び回って撮影する360°のアングルは生LIVEでは絶対に見ることができない。メンバーの手元や表情のアップも生LIVEでは絶対に確認することができない。
 生配信中の音と映像を一発撮りで記録する。そんな大仕事を感じさせずに,あたかも事前収録のMVでも見せられているかのような完璧な進行がプロの業であった。ディレクターさんとPAさん,その他,裏方としてお仕事してくださった全ての皆さんへ称賛の言葉を送ります。

 その上で,やっぱり坂東くんとアキトくんのパフォーマンスが素晴らしかった。
 管理人も今回初めて知ったのだが,坂東慧白井アキトは自分のチャンネルを持つ「ユーチューバー」?とのこと。収録と編集作業が基本だろうけど生配信も経験したことがあるそうである。

 白井アキトは“華”があるよなぁ。下から上を突っつき上げている。本当にお上手。坂東慧はカメラ割りで「割りを喰った」1人だと思うが,それでもドラマーとしては普通以上の扱いであった。
 坂東慧はMCが本当に上手くなった。今回,伊東たけしから直々に「スクェアの広報担当」に任命されていました~。
 それに引き換え,安藤さん伊東さん。人生の年輪を重ねてきたはずなのに“ド緊張”に負けた感じでした~。

 「2020 LIVE STREAMING CONCERT“AI FACTORY”~音と映像の融合ファクトリー~」の見所は『AI FACTORY』が“どう化けるか”!
 良質でおとなしめな名曲群がLIVEにかけられることで成長する。今回はその第1回目のLIVEであった。
 【AI FACTORY】は,あのメカニックなリズムに乗った“ソロ廻し”が恐ろしくカッコ良かった。【GEISHA】はリズムとメロが別々に動いていく難曲であった。【DAYLIGHT】は今の自分の気分にちょうどいい…。

 『AI FACTORY』のハイライトは中盤でのミディアム・バラード3連チャン! このコーナーで管理人は過去と現在,そして未来へとトリップできた。
 某スク友が【残照】の儚さを『TRUTH』『YES,NO』の頃のバラードに例えてきたのだが,確かに~。
 管理人の青春である「本田期」の栄光,今の「河野啓三期」の苦悩,これから現実はもっともっと厳しくなっていくであろうが,どんな時でも「人生の一曲」を飾ってきたスクェアと,これからも何があっても共に歩み続けられるという確信と安心感が幸福感…。

 伊東たけしと「また会おうね!」はしばらくは無理。でも恐らくは来年もCDで新作を聴くことができる。配信であったとしても画面越しにバンドの活躍を目にすることもできる。
 以前のようなキャッチー・ナンバー・ヒットパレードも無理。今のスクェアには無理。交互に演奏される「爽やか系」と「癒し系」が心のツボを押してくれる。【FLYING COLORS】が毎年毎年,聞けば聞くほど大好きになっていく…。

 管理人にとってT-スクェア初の無観客配信コンサートの感想とは「2020年のスクェアの現状確認」が全て。「今できること」にコツコツと取り組む姿勢に,不安なし,なのである。

 さて,この記事はLIVEレポートなので,ステージ後半のセットリストを報告しておきます。

TREASURE HUNTER-1
TREASURE HUNTER
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

—————————————————————————————————————————–

10.SCISSORS PAPER ROCK
11.RONDO
12.明日への扉
13.TRUTH

コメント

  1. 武ちゃん より:

    中々梅雨明けしませんね。体調いかがですか。今年はカシオペア・スクェア・Dimension全て福岡市ではライブ見れません。唯一、神保さんが延期公演してくださいます。ブルーノート名古屋の廃業も驚きでした。カシオペアとDimensionがライブ予定していましたが、こちらも中止になりました。来年は是非とも福岡でライブ見たいものです。蒸し暑い日が続きます。ご夫妻共々お身体ご自愛ください。

  2. セラビーセラビー より:

    武ちゃんさん,コメントありがとうございました♪
    武ちゃんさんこそ体調いかがですか? 今年はもうリアル・ライブには参加できないように思います。ライブハウスが公演を企画してもその場に身を置くのは難しいです。
    ブルーノート名古屋の廃業はショックです。福岡もゲイツ7がいつまで持ちこたえるかの問題ですが,安全が確保されたアフターコロナの時期が来たなら,これまでパスしてきたバンドでも1つでも多く参加していければと思っています。機会を逃しませんように。

タイトルとURLをコピーしました