スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 2003年度(第37回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2003年度(第37回)の発表です。
 


アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス★【金賞】.アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス
キース・ジャレット・トリオ
 
 


With All My Heart★【銀賞】.ウイズ・オール・マイ・ハート
ハービー・メイソン・トリオズ
 
 


ジャスト・ユー,ジャスト・ミー★【銀賞】.ジャスト・ユー,ジャスト・ミー
ハリー・アレン
 
 


New York Style★【日本ジャズ賞】.ニューヨーク・スタイル
アキコ・グレース
 
 


リトル・ムーンライト(CCCD)★【ボーカル賞(海外)】.リトル・ムーンライト
ダイアン・リーブス
 
 


ムード・スウィングス★【ボーカル賞(国内)】.ムード・スウィングス
akiko
 
 


スイング・ジャーナル誌選定”SJ名盤蒐集クラブ” コンプリート・アット・ザ・プレリュード★【編集企画賞】.コンプリート・アット・ザ・プレリュード
レッド・ガーランド
 
 


懐かしのストックホルム~スイングジャーナル・リーダーズ・リクエスト★【製作企画賞】.懐かしのストックホルム~スイングジャーナル・リーダーズ・リクエスト/あなたは恋を知らない/マイ・フーリッシュ・ハート
エディ・ヒギンズ
 


ケン・バーンズJAZZ★【最優秀ジャズ・ビデオ賞】.ケン・バーンズJAZZ
Jazz Filmed By Ken
 
 


あなたは恋を知らない★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.あなたは恋を知らない
エディ・ヒギンズ
 
 


サックス・ストーム★【最優秀録音賞(リマスタリング)】.アルファ・ジャズ・マスターピース
 
 
 


SAY IT★【ニュー・スター賞(海外)】.マンハッタン・ドリームス/セイ・イット
ドミニク・ファリナッチ
 
 


MOKO-MOKO★【ニュー・スター賞(国内)】.TAKASHI/MOKO-MOKO
松永貴志
 
 


 
 キース・ジャレットトリオの『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』が【金賞】受賞。。

 キース・ジャレットのファンにとって『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』は特別な位置にあるアルバムだと思う。
 それは当然のこととしてキース・ジャレットトリオの演奏内容が別格の絶好調というのが全てなのだが,それだけではなく『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』が“神格化”したのは,その後のトリオのリリース順が大いに影響している。

 長らく,キース・ジャレットトリオの最新アルバムは『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』であったという事実。
 2002年録音の『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』の次に発売されたのは,2001年録音の『ジ・アウト・オブ・タウナーズ』~2001年録音の『マイ・フーリッシュ・ハート』~2001年録音の『イエスタデイズ:東京2001』。

 そう。すなわち『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』が2003年から2013年の『サムホエア』発売までの10年間の最新公式録音盤だったという事実。

 確かに“天才”キース・ジャレットをしても『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』をそう簡単に超えることはできなかった。
 キース・ジャレットが10年間超えることのできなかった名演が『アップ・フォー・イット~ライヴ・イン・フランス』の名盤を証ししている。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました