スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 2006年度(第40回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は2006年度(第40回)の発表です。
 


スーパー・トリオ★【金賞】.スーパー・トリオ
チック・コリア
 
 


マンハッタンの幻想★【銀賞】.マンハッタンの幻想
リッチー・バイラーク
 
 


ライブ・アット・ベイシー~ウィズ・ハンク・ジョーンズ★【日本ジャズ賞】.ライブ・アット・ベイシー~ウィズ・ハンク・ジョーンズ
ケイコ・リー
 
 


渡米50周年記念日本公演★【日本ジャズ賞(特別賞)】.渡米50周年記念日本公演
秋吉敏子&ルー・タバキン・スーパー・カルテット
 
 


アラウンド・ザ・シティ★【ボーカル賞(海外)】.アラウンド・ザ・シティ
イリアーヌ・イリアス
 
 


ニカズ・ドリーム★【ボーカル賞(国内)】.ニカズ・ドリーム
チャリート・ウィズ・マンハッタン・ジャズ・オーケストラ
 
 


銀巴里セッション[Blu-spec CD]★【編集企画賞】.TBM復刻シリーズ
 
 
 


魂・KON★【製作企画賞】.魂・KON
安富祖貴子
 
 


ザ・ラスト・トリオ・ライブ'80★【最優秀ジャズ・ビデオ賞】.ザ・ラスト・トリオ・ライブ’80
ビル・エヴァンス
 
 
 


メモリーズ・オブ・ユー★【最優秀録音賞(ニューレコーディング)】.メモリーズ・オブ・ユー
ケン・ペプロウスキー
 
 


ジャイアント・ステップス★【最優秀録音賞(リマスタリング)】.アトランティック・ジャズ紙ジャケット・コレクション
 
 


ケリー・ブルー★【ニュー・スター賞(海外インスルゥルメンタル)】.ケリー・ブルー
ダン・ニマー
 
 


ソフィー・ミルマン★【ニュー・スター賞(海外ボーカル)】.ソフィー・ミルマン
ソフィー・ミルマン
 
 


サラ・スマイル★【ニュー・スター賞(国内インスルゥルメンタル)】.サラ・スマイル
市原ひかり
 
 


魂・KON★【ニュー・スター賞(国内ボーカル)】.魂・KON
安富祖貴子
 
 


 
 チック・コリアの『スーパー・トリオ』が【金賞受賞

 ピアノチック・コリアドラムスティーヴ・ガッドベースクリスチャン・マクブライドからなる『SUPER TRIO』。この超重量級のネーム・バリューを目にしただけで“買い”である。

 【HUMPTY DUMPTY】【THE ONE STEP】【WINDOWS】【MATRIX】【QUARTET #2 PT.1】【SICILY】【SPAIN】。このチック・コリアの代表曲がズラリと並んだ収録曲を目にしただけで“買い”である。

 名曲が最高の演奏で奏でられることが二重の意味で保証された『スーパー・トリオ』だが,なぜだか「日本限定発売」の曰くつき~。
 『スーパー・トリオ』の真実とは,チック・コリアの“マニアックなコレクター盤”。正直,世界発売をする内容ではなかった。

 管理人が『スーパー・トリオ』に不満を感じるのは演奏面でのことではない。
 ズバリ,ラストに【SPAIN】を入れた編集姿勢に対してである。人気の【SPAIN】を入れたのは「日本向け営業」の最たるものである。【SPAIN】の,特に引っ掛かりのない演奏を,ただアルバムを“売りたいがために”フェードアウトさせてまで入れている。

 ハズレの【SPAIN】だったから,純粋にファン・サービスの“おまけ”として入れたというよりも“客寄せパンダ”として入れたとしか思えない。
 チック・コリアスティーヴ・ガッドクリスチャン・マクブライドによる水準以上の名演が6曲続くも,最後の最後で落とされたようで毎回興醒めしてしまう。何なんだ~,この営業至上主義のダメダメ編集~。

 そんな“眉唾物”の『スーパー・トリオ』が「スイングジャーナル」誌主催2006年度のジャズ・ディスク大賞金賞】受賞って何なんだ~,この営業至上主義のジャズ・ディスク大賞~。

 日本だったら売れる。ネーム・バリューだけで売れる。収録曲だけで売れる。「スイングジャーナル」誌も売るのを手伝ってくれる…。そんな「日本限定発売」の『スーパー・トリオ』だが,管理人は出せば世界でも売れると思っている。
 だってチック・コリア・マニアなら,このメンバーにしてこの選曲,絶対に聴いてみたくなるんだもん!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました