スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-4

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は81~85位の発表です。
 


オール・アローン★85.オール・アローン
マル・ウォルドロン
 
 


クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス★84.クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス
クリフォード・ブラウン
 
 


ブルース・エット★83.ブルース・エット
カーティス・フラー
 
 


ソウル・トレーン★82.ソウル・トレーン
ジョン・コルトレーン
 
 


アワ・マン・イン・パリ★81.アワ・マン・イン・パリ
デクスター・ゴードン
 
 


 
 『モーニン』と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの『ブルース・エット』がランクイン

 『モーニン』もそうであったが『ブルース・エット』の主役も“ゴルソン・ハーモニー”!
 『ブルース・エット』における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 ジャズ・ファンの中には『ブルース・エット』の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高~!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました