MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-3

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は484位~490位の発表です。
 


 
マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.2★490.IT NEVER ENTERED MY MIND
MILES DAVIS ALL STARS VOL.2
マイルス・デイビス
 


 
マイルス・デイビス・イン・ヨーロッパ(紙ジャケット仕様)★488.MILESTONES
MILES DAVIS IN EUROPE
マイルス・デイビス
 


 
Coltrane★488.OUT OF THIS WORLD
COLTRANE
ジョン・コルトレーン
 


 
Crescent★487.LONNIE’S LAMENT
CRESCENT
ジョン・コルトレーン
 


 
チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★484.ORNITHOLOGY
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー
 


 
静かなるケニー(紙ジャケット仕様)★484.OLD FOLKS
QUIET KENNY
ケニー・ドーハム
 


 
ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol.1+3★484.EUROPEAN ECHOES
AT THE “GOLDEN CIRCLE” IN STOCKHOLM, VOL.1
オーネット・コールマン
 


 
 このランキングを占めたのはジャズ・ジャイアントの名トラックばかり。ちょっと“ジャズ通”を気取りたいなら,マニアにこの辺の話を振ってみましょう。メジャーなんだが,第一声には上らない,そんな絶妙な選曲に,がぜん喰いついてくること請け合いですよ。

 ただし話を振ったが最期,その後は“マニアなうんちく”の洪水にさらされることを覚悟してくださいね。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. tomtom より:

    はじめまして。アドリブログを毎日読んでいます。
    僕も、ブログではあまり書きませんが、アナログ中心でjazz楽しんでます!
    今回あがってる中では、特にCRESCENT /ジョン・コルトレーンがすきですねえ。LONNIE’S LAMENT はほんとに名曲です。コルトレーンでは「selflessness」「live at birdland」等も愛聴盤です。お見知りおきを。。

  2. セラビーセラビー より:

    tomtomさん,コメントありがとうございます♪
    アナログでコルトレーンとはtomtomさんはかなりのツワモノと見ました。
    tomtomさんにもJAZZ批評の記事を書いていただいて,一度剣を交えさせていただければうれしいです。

  3. kent より:

    セラビーさんこんばんわ~
    面白いブログですよね。自分もトランペットを吹いているのと、JAZZも好きなので、こちらのブログを参考にさせて頂きます!!

  4. セラビーセラビー より:

    kentさん,コメントありがとうございます♪
    JAZZのラッパはヒーローです! kentさんのラッパも,熱く輝いていますか?

  5. Ryuman より:

    はじめまして。あまりJAZZは詳しくないのですが、パット・メセニーは聞いたりします。
    まだスタートしたばかりですが、今から上位のランキングが楽しみです。

  6. セラビーセラビー より:

    Ryumanさん,コメントありがとうございます♪
    メセニー好きはJAZZ通の信用度高いです。メセニーを聴き込んでいるのならJAZZの大海原へいつでも旅立てると思いますよ。来たれ,JAZZ道へ!

タイトルとURLをコピーしました