MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-6

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は470位~474位の発表です。
 


 
リターン・オブ・ザ・グリフィン★474.AUTUMN LEAVES
RETURN OF THE GRIFFIN
ジョニー・グリフィン
 


 
OUR MAN IN PARIS★470.BROADWAY
OUR MAN IN PARIS
デクスター・ゴードン
 


 
ザ・パリ・コンサート・エディション1★470.QUIET NOW
THE PARIS CONCERT, EDITION ONE
ビル・エヴァンス
 


 
Trio Music★470.‘ROUND MIDNIGHT
TRIO MUSIC
チック・コリア
 


 
KNOW WHAT I MEAN★470.GOODBYE
KNOW WHAT I MEAN
キャノンボール・アダレイ
 


 
 ジャズ通には“悪名高い”キャノンボール・アダレイビル・エヴァンスの共演盤からのランクインが興味深い。ちまたでは“駄作”の烙印を押されようとも,実は“ひいき”にしているジャズ通も多いのだ!
 管理人も実は“ごひいき組”なのだが,そのことを公表できない“もぐり”の一人。少し自信を持ってもいいのかなぁ…。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    キャノンボールとエバンスは私も好きですよ~。(^^)

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    同意して頂ける仲間がいらっしゃるとは思いもしませんでした。メチャうれしいです。

  3. SAKIKO より:

    ジャズは奥が深いですね。黒人さんで活躍してる人が多い。芸術の原点はほとんどがアフリカだそうです。

  4. セラビーセラビー より:

    SAKIKOさん,コメントありがとうございます♪
    JAZZのルーツは黒人&アフリカで間違いありません。しかしそれはほんの始まりに過ぎず,今となってはどこで発祥したかは重要ではありません。奥深いのはそのせいかもしれませんねっ。

  5. musa より:

    キャノンボールとエヴァンスの共演盤は、れっきとした名盤ですよ。昔からジャズ喫茶でも定番の人気盤でしたし。あえて貶めることもないと思います。
    近年、どこかのセンセイが悪口でも書いちゃったんでしょうか(書くとしたら寺島さんあたりかなー)。

  6. セラビーセラビー より:

    musaさん,コメントありがとうございます♪
    名盤への“応援”ありがとうございました。『KNOW WHAT I MEAN』が“駄作”なんて…。
    これがジャズ・ジャーナリズムの弊害そのものですよね…。

  7. ステラ より:

    こんにちわ♪
    『KNOW WHAT I MEAN』私も好きです。アルバムとして、今ひとつまとまりが悪い気もしますが、1曲づつは良い演奏だと思います。
    キャノンボールとエヴァンスって、音楽的な相性はどうかと思いますが、仲は良かったみたいですね。キャノンボールがエヴァンスに合わせる様な感じでプレイしているように聴こえます。
    私のところでは、2005.7.3 に取り上げました。

  8. セラビーセラビー より:

    ステラさん,コメントありがとうございます♪
    ステラさんも純粋に音楽そのものを聴いていらっしゃいますね。感性が近いようでうれしく思いました。
    音楽重視の同士?としてブログで熱く語りあえたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました