村上春樹セレクト スタン・ゲッツ・ベスト・コレクション-2

 村上春樹著『意味がなければスイングはない』の中で,村上春樹がセレクトした「スタン・ゲッツの理想的なレコードコレクション」。
 村上春樹は便宜上,スタン・ゲッツの30年に及ぶ演奏生活を,その表面上のスタイルの変化によって5つの時期に分類している。

 1.「クール・ゲッツ」 2.「ホット・ゲッツ」 3.「ウォーム・ゲッツ」 4.「ボサ・ノヴァ・ゲッツ」 5.(幾漠かの皮肉をこめて)「リッチ・ゲッツ」の5期である。
 今回は村上春樹セレクト 2.「ホット・ゲッツ」・ベストコレクションの発表です。
 


 
Diz And Getz★.ディズ・アンド・ゲッツ
ディジー・ガレスピー&スタン・ゲッツ
 
 


 
フォー・ミュージシャンズ・オンリー★.フォー・ミュージシャンズ・オンリー
ディジー・ガレスピー/スタン・ゲッツ/ソニー・スティット
 
 


 
スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン・アット・ジ・オペラ・ハウス★.スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン・アット・ジ・オペラ・ハウス
スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン
 
 


 
 既に定評のある「ホット・ゲッツ」期の3枚は,高速ナンバー中心のアドリブが「共演」ではなく「競演」している記録である。ビ・バップの名うての名手たちとの「真剣勝負」にスタン・ゲッツが「ホット・ゲッツ」にならざるを得なかった大迫力の演奏期。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました