第65回(2022年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズフュージョンの総決算。
 2022年度の「グラミー賞ノミネート」についてレポートします。

 なお,2022年度はグラミー賞も微調整されているようで,カテゴリー番号が変更されていることと,これは今年だけのことなのかもしれませんが「カテゴリー32」のノミネート・アルバム数が5作品ではなく6作品あります。
 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。
 


 

Category 32. Best Improvised Jazz Solo

 
☆ Rounds (Live)Ambrose Akinmusire, soloist / Track from: New Standards Vol. 1 (Terri Lyne Carrington, Kris Davis, Linda May Han Oh, Nicholas Payton & Matthew Stevens)
☆ Keep Holding OnGerald Albright, soloist / Track from: The Black Aquarius (Hank Bilal)
☆ FallingMelissa Aldana, soloist / Track from: 12 Stars (Melissa Aldana)
☆ Call Of The DrumMarcus Baylor, soloist / Track from: The Evening : Live at Apparatus (The Baylor Project)
☆ Cherokee/KokoJohn Beasley, soloist / Track from: Bird Lives (John Beasley)
☆ Endangered SpeciesWayne Shorter & Leo Genovese, soloist / Track from: Live at the Detroit Jazz Festival (Wayne Shorter, Terri Lyne Carrington, Leo Genovese, Esperanza Spalding)


 

Category 33. Best Jazz Vocal Album

 
☆ The Evening : Live At APPARATUSThe Baylor Project
☆ Linger AwhileSamara Joy
☆ Fade To BlackCarmen Lundy
☆ FiftyThe Manhattan Transfer With The WDR Funkhausorchester
☆ Ghost SongCécile McLorin Salvant


 

Category 34. Best Jazz Instrumental Album

 
☆ New Standards Vol. 1Terri Lyne Carrington, Kris Davis, Linda May Han Oh, Nicholas Payton & Matthew Stevens
☆ Live In ItalyPeter Erskine Trio
☆ LongGoneJoshua Redman, Brad Mehldau, Christian McBride, And Brian Blade
☆ Live At The Detroit Jazz FestivalWayne Shorter, Terri Lyne Carrington, Leo Genovese & esperanza spalding
☆ Parallel MotionYellowjackets


 

Category 35. Best Large Jazz Ensemble Album

 
☆ Bird LivesJohn Beasley, Magnus Lindgren & SWR Big Band
☆ Remembering Bob FreedmanRon Carter & The Jazzaar Festival Big Band Directed By Christian Jacob
☆ Generation Gap Jazz OrchestraSteven Feifke, Bijon Watson, Generation Gap Jazz Orchestra
☆ Center StageSteve Gadd, Eddie Gomez, Ronnie Cuber & WDR Big Band Conducted By Michael Abene
☆ Architecture Of StormsRemy Le Boeuf’s Assembly Of Shadows


 

Category 35. Best Latin Jazz Album

 
☆ Fandango At The Wall In New YorkArturo O’Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra Featuring The Congra Patria Son Jarocho Collective
☆ CrisálidaDanilo Pérez Featuring The Global Messengers
☆ If You WillFlora Purim
☆ Rhythm & SoulArturo Sandoval
☆ Música De Las AméricasMiguel Zenón


 
 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました