MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-11

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は446位~450位の発表です。
 


 
ザ・トリオ Vol.1 (紙ジャケット仕様)★450.ALL THE THINGS YOU ARE
THE TRIO VOL.1
ハンプトン・ホーズ
 


 
CONCERT BY THE SEA-1★450.AUTUMN LEAVES
CONCERT BY THE SEA
エロール・ガーナー
 


 
Outward Bound: Rudy Van Gelder Remasters★446.ON GREEN DOLPHIN STREET
OUTWARD BOUND
エリック・ドルフィー
 


 
スターダスト★446.STARDUST
STARDUST
ジョン・コルトレーン
 


 
ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol.1(紙ジャケット仕様)★446.FACES AND PLACES
AT GOLDEN CIRCLE VOL.1
オーネット・コールマン
 


 
チェット・ベイカー・シングス★446.THAT OLD FEELING
CHET BAKER SINGS
チェット・ベイカー
 


 
 エリック・ドルフィージョン・コルトレーンオーネット・コールマンと続く,フリー・ジャズ「第1世代」の超大物3人が見事に同時ランクイン

 “開祖”オーネット・コールマンが「フリー・ジャズ宣言」した同時期に発表された,エリック・ドルフィージョン・コルトレーン名演。まだまだオーネット・コールマンからの影響は感じられないが,この3曲を続けて聴いてみると,そこには必然性を感じさせる“一本の糸”があることに気付く?

 …と,無理矢理にでも“ジャズ・ジャーナリズム風”に書いてみたいところでしたが,やっぱり管理人には無理でした。
 管理人の代わりに“こじつけではない”解説ができる方,いらっしゃいますか?

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    それぞれにキョ~レツな個性が有りますもんね。JAZZはオリジナリティが命?

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    キョ~レツなオリジナリティ! こよなく愛すべきフリー・ジャズ・ジャイアントたちです。

  3. 和仁 より:

    いきなり記事と関係ない話なんですが、この度、僕のホームページからリンクを張らせて頂きたいんですがよろしいでしょうか?
    まったく僕のホームページときたら、アクセスなんてほとんど無いんで、そんな中からセラビーさんへのアクセスが増えるとは思えませんが・・・・。
    一応返事を待ってから僕のホームページでのリンクを公開します。よろしくお願いします。

  4. セラビーセラビー より:

    和仁さん,コメントありがとうございます♪
    何とも素敵な申し出です。心より感謝いたします。勿論OKなのですが,ある事故と遭遇してから,相互リンクは“JAZZ/FUISONサイト”に限定いたしました。
    これは申し出のある全ての読者の皆さんにアナウンスしている事柄ですので“副会長”の和仁さんでも特別扱いは…。
    相互リンクでなくてもよろしいのでしたらアドリブログはリンクフリーとなっています。

  5. 和仁 より:

    リンクOKありがとうございます。勝手な申し出なんで、相互リンクまでとは申しません。一方通行でいいのでよろしくお願いします。僕のHPからのリンクサイトの方へは、一応、ことわりを入れてOKの返事をもらってるんで、セラビーさんの所もことわりをいれました。
    これからも、ちょくちょく遊びに来ますんで、よろしくお願いします。

  6. セラビーセラビー より:

    和仁さん,コメントありがとうございます♪
    和仁さんのような優秀な方からのリンクを頂けてうれしいです。これからもオンでもオフでも繋がっていけますように!

タイトルとURLをコピーしました