第49回(2006年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2006年度のグラミー賞は,ディクシー・チックスが主要三部門を独占&計五部門を受賞したようですが,管理人的にはディクシー・チックスよりも“ジミに”技術部門のテクニカル賞を受賞したヤマハ!
 レコーディング用の各種機器の開発など長年の貢献が認められての受賞だそうだ。これでヤマハもソニーに追いついたわけで…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 - JAZZ』の受賞作の発表で~す。
 


Category 45 – Best Contemporary Jazz Album

★ The Hidden Land
Béla Fleck & The Flecktones
 
 


Category 46 – Best Jazz Vocal Album

★ Turned To Blue
Nancy Wilson
 
 


Category 47 – Best Jazz Instrumental Solo

★ Some Skunk FunkMichael Brecker, soloist /
Track from : Some Skunk Funk (Randy Brecker w/Michael Brecker)
 
 


Category 48 – Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

★ The Ultimate Adventure
Chick Corea
 
 


Category 49 – Best Large Jazz Ensemble Album

★ Some Skunk Funk
Randy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Köln
 


Category 50 – Best Latin Jazz Album

SIMPATICO★ Simpático
The Brian Lynch / Eddie Palmieri Project
 
 


 
 グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカー(正確にはランディ・ブレッカー名義)が2冠達成! 恐らく来年はマイケル・ブレッカーの遺作が発表 → 最後のグラミー受賞という図式が早くも目に浮かんできます。

 さて,注目の“激戦区”「Category 48」はチック・コリア! チック・ファンとしては勿論うれしいのだが,トリオ・ビヨンドの出来が余りにも良かっただけに,ひそかに応援していた者としては少し複雑。ケニー・ギャレットにしても受賞できたら“一皮むける”大チャンスだったのに…。う~ん。

 管理人にこう思わせた,チック・コリア自身にも非があるのでは? 奇しくも『スーパー・トリオ』が,スイングジャーナル誌・2006ジャズ・ディスク《金賞》を受賞し,チック・コリアマイケル・ブレッカー以上に“価値ある”2冠達成!

 ただし『スーパー・トリオ』は【スペイン】のフェードアウトにガッカリだったし『アルティメット・アドヴェンチャー』は,またもSF作家=ロン・ハバードのコンセプト・アルバムだし…。
 肝心な部分でどうにも相性が悪い? これって管理人だけ?

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    ブレッカー万歳!

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    マイケル・ブレッカーへの評価は,これから益々高まっていく気がします。

  3. 和仁 より:

    チック・コリア大好きなんですけど、“Ultimaite Adventure”購入しようかどうか迷ってます。なんか、記事を読んでると、セラビーさんの反応いまいちの様なんですけど。

  4. セラビーセラビー より:

    和仁さん,コメントありがとうございます♪
    世間で絶賛されている『アルティメット・アドヴェンチャー』が悪いはずなどありません。今作も完璧ですね。名盤です。ただし個人的に「グッとくる部分」が薄いような気がします。
    チック・コリアのCDは毎回こんな感じなので「合う合わない」は和仁さん次第。私は相性の問題だとあきらめています。猫アレルギー持ちの猫好きのような感じです。好きなんだけどなぁ。

タイトルとURLをコピーしました