第50回(2007年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2007年度のグラミー賞は,エイミー・ワインハウスが,最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀新人の主要3部門を含む5部門を受賞。カニエ・ウェストも4部門を受賞。
 …と,アメリカ全土はこの両雄の話題で持ちきりかと思いきや,メディアの関心事は民主党の大統領選挙一色。そこへ来てグラミー賞最大のニュースが,バラク・オバマ氏の最優秀朗読アルバム受賞! いや~,恐るべし英米二重世界強国。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 - JAZZ』の受賞作の発表で~す。
 


Category 45 – Best Contemporary Jazz Album

★ River: The Joni Letters
Herbie Hancock
 
 


Category 46 – Best Jazz Vocal Album

Avant Gershwin (Dig)★ Avant Gershwin
Patti Austin
 
 


Category 47 – Best Jazz Instrumental Solo

★ Anagram
Michael Brecker, soloist /
Track from : Pilgrimage
 


Category 48 – Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

★ Pilgrimage
Michael Brecker
 
 


Category 49 – Best Large Jazz Ensemble Album

★ A Tale Of God’s Will (A Requiem For Katrina)
Terence Blanchard
 
 


Category 50 – Best Latin Jazz Album

Funk Tango★ Funk Tango
Paquito D’Rivera Quintet
 
 


 
 管理人の1年前の予想通り,グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカーが貫禄の2冠達成!
 でもでも自分でもビックリ。マイケル・ブレッカー・ファンとしては受賞の知らせをうれしく思うはずなのに,うれしくなかった。複雑な気持ちがした。どうもデキレースっぽくて“しっくり”こなかったのだ。

 超ド級豪華メンバー・フルサポートの「Category 48」は当然として「Category 47」=2007年最高のインプロヴィゼーションの称号は違うのではないか?
 あっ,いや,これはマイケル・ブレッカーを世界一のインプロバイザーと認めた上での感想です。要するに,絶好調ではないマイケル・ブレッカーの“ネーム・バリュー”だけで受賞を選出するのは,当のマイケル本人に失礼に思えたものでして…。
 仮に今日もマイケル・ブレッカーが生きていて,受賞の知らせを聞いたとしたら,盟友たちと共に勝ち得た「Category 48」の栄冠については大喜びするであろうが,自分の演奏に納得できていないのに「Category 47」受賞と聞かされても,ただ戸惑うだけではなかろうか…。すみません。思い入れがあるものでして…。

 さらに管理人に追い打ちをかけたのが,ハービー・ハンコックの『リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』の最優秀アルバム受賞のビッグ・ニュース! だって全世界で認められたジャズ名盤を未だ未聴なのですから,恥ずかしいやら悔しいやら…。お祝いポチリが完了しました。

 来月はハービー・ハンコックグラミー受賞特集です。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. ayuki より:

    お邪魔いたします。もう仰る通りですね。Anagramは確かにいいソロですが、妙な間が多かった気がします。これはやはりベストと考えず、体調を含めて仕方なくそうなってしまったと言ったほうが自然のような気がするのですが。
    『リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』は気になっていましたが、ジェニ・ミッチェルさんにそんなに馴染みがないと言う理由で私も未聴です・・・。

  2. セラビーセラビー より:

    ayukiさん,コメントありがとうございます♪
    やっぱり“不完全燃焼”のマイケルにベスト・アドリブ賞は失礼ですよね。でもライナーノートを読むと,ハービー・ハンコックもパット・メセニーもブラッド・メルドーもマイケルのプレイを絶賛しているから,う~む。
    【アナグラム】のアドリブも好きだけど,もっともっと極上のアドリブがありますよ。選考者の皆さん。あ~すっきりした。

タイトルとURLをコピーしました