MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-21

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は同率391位の発表です。
 


★391.‘ROUND MIDNIGHT
GENIUS OF MODERN MUSIC VOL.1
セロニアス・モンク
 


★391.BLUE BOSSA
PAGE ONE
ジョー・ヘンダーソン
 


★391.WATCHING THE RIVER FLOW
THE GADD GANG
スティーブ・ガッド
 


★391.EVERYTHING YOU DO
THE GADD GANG
スティーブ・ガッド
 


★391.CARAVAN
KENNY DREW TRIO
ケニー・ドリュー
 


THE MAN WITH THE BASS★391.36141
THE MAN WITH THE BASS
ロン・カーター
 


★391.All GOD’S CHILLUN GOD RHYTHM
IN CONCERT
クリフォード・ブラウン
 


★391.MOSAIC
MOSAIC
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
 


★391.ARE YOU REAL?
MOANIN’
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
 


LINE FOR LYONS★391.MY FUNNY VALENTINE
LINE FOR LYONS
スタン・ゲッツチェット・ベイカー
 


 
 スティーブ・ガッドの初リーダー作『ガッド・ギャング』から2曲が同時ランクイン
 「スタッフ」の続編を思わせる音造りの中にも,スティーブ・ガッドの良い意味で“わがまま”なドラミングが素晴らしい。スティーブ・ガッドドラムソロに他のメンバーがメロディーを付けた,そんなスタンスの2曲である。

 批評家たるもの「甲乙をつけずには生きていけない人種」である。偶然なのかもしれないが,そんな批評家の代表格たる“ジャズ・マスター”たちが,同じアルバムの中の2曲を同順位に置いたとは…。この“肝っ玉の据わった”選曲に敬意を表します。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    ブルーボッサはケータイのメール着信音になってます。

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    【ブルー・ボッサ】がメールの着信音とはいかしていますね。
    着メロは元気でないと気付かないので私のメールの着信音は【ボヘミア・アフター・ダーク】です。

  3. のぶひで より:

    “華やかな”フュージョン・ドラマー/スティーブ・ガッドの2曲同時ランクインも素晴らしいですが“地味な”ジャズ・ドラマー/アート・ブレイキーも2曲同時ランクインしていますね。ブレイキーが好きです。

  4. セラビーセラビー より:

    のぶひでさん,コメントありがとうございます♪
    もちろん私もブレイキー大好きです。「ナイアガラ」がキャッチ・フレーズのブレイキーですが,実際は地味というか“堅実”なドラミングですよね。
    「普通にやることが一番難しい」といった格言があったように思いますが,ブレイキーにピッタリ当てはまる格言だと思います。

タイトルとURLをコピーしました