MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-23

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は381位~383位の発表です。
 


★383.CONFIRMATION
I’M OLD FASHION
渡辺貞夫
 


★383.BLACK MARKET
8:30
ウェザー・リポート
 


★383.TYNY’S TEMPO
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.1
チャーリー・パーカー
 


アワ・マン・イン・パリ★383.A NIGHT IN TUNISIA
OUR MAN IN PARIS
デクスター・ゴードン
 


★381.CENTRAL PARK WEST
COLTRANE’S SOUND
ジョン・コルトレーン
 


★381.SPRING IS HERE
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス
 


 
 この6人。もしも渡辺貞夫だけに見劣りを感じてしまったとしたら,それは大間違いである。渡辺貞夫が,真に「世界のナベサダ」となった瞬間=【CONFIRMATION】を聴き直してから「出直して来い!」である。

 【CONFIRMATION】は,渡辺貞夫が,ハンク・ジョーンズロン・カータートニー・ウィリアムスによる「グレート・ジャズ・トリオ」と「がっぷり四つ」。
 「グレート・ジャズ・トリオ」の面々も“パーカー派渡辺貞夫名演に“本家”チャーリー・パーカーとの共演気分を味わえたのではなかろうか?
 世界有数のピアノ・トリオを“威風堂々”と従えた“ジャズ・ジャイアント”「世界のナベサダ」の証しである。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. hiro より:

    この6曲の中では「ブラック・マーケット」が好きです。ライブなのにスタジオ並みの「音の弾丸」に圧倒されてしまいます。

  2. セラビーセラビー より:

    hiroさん,コメントありがとうございます♪
    【ブラック・マーケット】でのザビヌルいいですよね。ジャコとやり合っている感がたまりません。でも真の主役は中盤から乱入してくるショーターだと思います。どうでしょうか?

  3. BLUE LIFE より:

    ロングトールなオジサンのが好きです。

  4. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    男性パリジェンヌなロングトールなオジサン。私も大好きです。

タイトルとURLをコピーしました