第51回(2008年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 12月は1年間の総決算。音楽業界の賞レース。「アドリブログ」でもジャズフュージョンの総決算。
 2008年度のグラミー賞FIELD 10 - JAZZ』部門について勝手にレポートしてみます。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。
 


 

Category 45 – Best Contemporary Jazz Album

 
☆ Randy In BrasilRandy Brecker
☆ Floating PointJohn McLaughlin
☆ Cannon Re-Loaded: All-Star Celebration Of Cannonball AdderleyGregg Field & Tom Scott, producers
☆ Miles From IndiaBob Belden, producer
☆ LifecycleYellowjackets Featuring Mike Stern


 

Category 46 – Best Jazz Vocal Album

 
☆ Imagina: Songs Of BrasilKarrin Allyson
☆ Breakfast On The Morning TramStacey Kent
☆ If Less Is More…Nothing Is EverythingKate McGarry
☆ LoverlyCassandra Wilson
☆ DistancesNorma Winstone (Glauco Venier & Klaus Gesing)


 

Category 47 – Best Jazz Instrumental Solo

 
☆ Be-BopTerence Blanchard, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)
☆ Seven Steps To HeavenTill Brönner, soloist / Track from: The Standard (Take 6)
☆ Waltz For DebbyGary Burton & Chick Corea, soloists / Track from: The New Crystal Silence
☆ Son Of ThirteenPat Metheny, soloist / Track from: Day Trip
☆ Be-BopJames Moody, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)


 

Category 48 – Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

 
☆ The New Crystal SilenceChick Corea & Gary Burton
☆ History, MysteryBill Frisell
☆ Brad Mehldau Trio: LiveBrad Mehldau Trio
☆ Day TripPat Metheny With Christian McBride & Antonio Sanchez
☆ StandardsAlan Pasqua, Dave Carpenter & Peter Erskine Trio


 

Category 49 – Best Large Jazz Ensemble Album

 
☆ Appearing NightlyCarla Bley And Her Remarkable Big Band
☆ Act Your AgeGordon Goodwin’s Big Phat Band
☆ SymphonicaJoe Lovano With WDR Big Band & Rundfunk Orchestra
☆ BlauklangVince Mendoza
☆ Monday Night Live At The Village VanguardThe Vanguard Jazz Orchestra


 

Category 50 – Best Latin Jazz Album

 
☆ Afro Bop AllianceCaribbean Jazz Project
☆ The Latin Side Of Wayne ShorterConrad Herwig & The Latin Side Band
☆ Song For ChicoArturo O’Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra
☆ Nouveau LatinoNestor Torres
☆ Marooned/AisladoPapo Vázquez The Mighty Pirates


 
 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    かろうじて、カサンドラ・ウィルソンだけ持ってます。

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    買おう買おうと思いつつ,私もかろうじてパット・メセニーだけでした。痛い。本年もよろしくお願いいたします。

  3. hiroaki0907s より:

    グラミー賞ノミネート作品のアップお疲れ様でした~。
    主によく聴いてるのが「Category45…Best Contemporary Jazz Album」なんですけど、「SMV」がノミネートされてないのは非常に残念。いい音楽性だったように思いましたが、マイルスやキャノンボール・アダレイといった先人へのトリビュート作がジャズ・ジャーナリズムにとっては無難な選択だったのかな?

  4. セラビーセラビー より:

    hiroaki0907Sさん,コメントありがとうございます♪
    『サンダー』は残念でしたね。私もSMVはベーシスト3人の競演ということであらぬ不安を抱きつつ購入。でも心配無縁の快作でしたね。縁の下の凄腕ベーシストはトータル・バランスにも優れているように思いました。
    私はカテゴリー48の受賞者に注目しています。発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました