MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-45

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は265~268位の発表です。
 


テナー・マドネス★268.TENOR MADNESS
TENOR MADNESS
ソニー・ロリンズ
 


ヴィレッジ・ヴァンガードの夜★265.A NIGHT IN TUNISIA
A NIGHT AT THE VILLAGE VANGUARD
ソニー・ロリンズ
 


プリーズ・リクエスト★265.THE DAYS OF WINE AND ROSES
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン
 


1958マイルス+2★265.LOVE FOR SALE
1958 MILES
マイルス・デイビス
 


 
 【テナー・マドネス】は,ジャズ史に輝く2大テナーである,ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンによる唯一の共演トラック!
 世紀の名演を予想するも,残念ながら【テナー・マドネス】ならぬ【テナー・クールネス】? これが共演ではなく競演であればランキング1位も可能であろうが,うん,これは265位にふさわしい共演であろう。

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. BLUE LIFE より:

    和気あいあいなマッドネス、この雰囲気結構好きですよ。

  2. セラビーセラビー より:

    BLUE LIFEさん,コメントありがとうございます♪
    テナーの巨人の【テナー・マドネス】が中の上の演奏だったから,マイルスらのラッパ吹きの天下が続いたのだと思います。テナーの時代はもう来ないのか?

タイトルとURLをコピーしました