JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31-2

 《 ジャズにおいてピアノを究めた者はいまだかつて現れていない。
 トランペットマイルス・デイビスによって,アルト・サックスチャーリー・パーカーによって,テナー・サックスジョン・コルトレーンによって,それぞれ究められてしまった。
 最大音域の自由と平均律の呪縛を併せもつこの楽器とアーティストたちの感性と創造性との果てしない闘争は,やがて熟成された空気となって満ちてくる。 》

 「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」。
 今回は22位~24位の発表です。
 


 
BUD POWELL IN PARIS-1★24.BUD POWELL IN PARIS
バド・パウエル
 
 


 
ジュニア★24.JUNIOR
ジュニア・マンス
 
 


 
ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング★24.YOU MUST BELEIVE IN SPRING
ビル・エヴァンス
 
 


 
ソロ・モンク+9★22.SOLO MONK
セロニアス・モンク
 
 


 
処女航海★22.MAIDEN VOYAGE
ハービー・ハンコック
 
 


 
 黄金の中盤は“ハード・バップ”系のピアニストたちで固められてきた模様!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

タイトルとURLをコピーしました