第54回(2011年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “音楽の祭典”2011年度のグラミー賞は,アデルが主要3部門を含む6冠達成で感涙! ノラ・ジョーンズ以来の快挙だろうが,話題の中心はしばらくホイットニー・ヒューストンが独占することでしょう?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で~す。
 


 

Category 30. Best Improvised Jazz Solo

 
フォーエヴァー★ 500 Miles High
Chick Corea, soloist
Track from: Forever (Corea, Clarke & White)
 


 

Category 31. Best Jazz Vocal Album

 
The Mosaic Project★ The Mosaic Project
Terri Lyne Carrington & Various Artists
 
 


 

Category 32. Best Jazz Instrumental Album

 
フォーエヴァー★ Forever
Corea, Clarke & White
 
 


 

Category 33. Best Large Jazz Ensemble Album

 
Good Feeling★ The Good Feeling
Christian McBride Big Band
 
 


 
 やりました! チック・コリアスタンリー・クラークレニー・ホワイトリターン・トゥ・フォーエヴァー)の2冠制覇! スタンリー・クラークに至っては2年連続受賞でおめでたい×2倍!

 リターン・トゥ・フォーエヴァーライブで聴いた『フォーエヴァー』からのセレクション。あの大興奮の名演が今も管理人の頭の中で鳴り続けています。
 グラミー受賞で『フォーエヴァー』の感動を世界中の音楽ファンと共有できるのが管理人の喜びです。おめでたい×3倍!!

アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

コメント

  1. 風の少年 より:

    やりましたね! フォーエバー!! まさに、このトリオの演奏は圧巻です。
    RTFの曲もそうですが、それ以上にスタンダードナンバーが素晴らしい! 文句の付けようがない演奏ですね。
    ディスク2の緊張感の中にも、和気藹々感が出ていて、何とも素敵です。それにしてもチャカ・カーンの参加には驚きました。
    チックも70歳・・まだまだチャレンジは続きそうな予感です♪

  2. セラビーセラビー より:

    風の少年さん,コメントありがとうございます♪
    チック+スランリー+ホワイト。それぞれの楽器で各人を越える名手もいますが,この3人から誰からが抜けたら『フォーエヴァー』は成立しません。3人の音がきっちり鳴っているのに誰かが際立っているわけでもない。
    風の少年さんの仰る「緊張感の中にも、和気藹々感が出てい」るに全面的に同意します。
    『フォーエヴァー』の大名演。グラミー受賞で多くの人にお耳にとまれ~!

タイトルとURLをコピーしました